2006年6月26日 (月)

出発前夜

荷物もほぼまとめ終わって、送る荷物は送ったし、スーツケースもほぼ完了。

夕方小さい目覚まし時計を買いにミドリ電化に行ったりしたけど、あとはのんびり過ごしていたら1日たったという感じ。
晩ごはんは母上にリクエストして、好物の「そば米ぞうすい」を作ってもらいました。

たくさんの方たちから「いよいよ明日やね」というメールをいただいて、「どんな気分?」という質問もされましたが、不思議とあんまり緊張感も高揚感もないような穏やか(?)な感じです。
旅行に行くときはもっとテンションあがってたのになーって。
しいていえば、飛行機に乗るのが好きなのと、初ビジネスっていうのにワクワクしてます。

明日の夜は外国で初めて会う人と晩ごはんを食べてる(下宿だから)んだろうなーとか考えて不思議な気持ちになったりはしました。
治安のこととか不安がないというと嘘になりますが、あまり細かいところを気にしてたら韓国では暮らしていけないし、元々大雑把な性格なのでどうにでもなるって思ってます。

さてさて、どうなることやら。。。


留学を決め、このブログを立ち上げたのが2月はじめ。
約4ヶ月半の準備期間でしたが、私にとってはちょうどよかったと思います。
仕事を辞めてすぐ出発、というのも私にはよかったです。

また、「『韓国留学(または他のキーワード)』で検索してたどり着きました」という方がたくさんコメントを残してくださって、しかも「楽しく読んでます」、「参考になりました」と言ってもらえたことがとてもうれしかったです。
自分の覚書程度ではじめましたが、同じ目標に向かっている人がたくさんいること、自分の経験を書くことがその仲間の役に立つということが励みになりました。

この場を借りてお礼申し上げます。

「けおるん。韓国留学しちゃう!?」は舞台を韓国に移して継続していきたいと思ってます。
どうぞお気軽にコメント残してください。
これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

荷物の発送

荷物は結局EMSじゃなくて航空小包で送ることにしました。
理由は、航空小包でもそんなに日数がかからないよう(EMSで3日前後、航空小包で5日くらいとのこと)なのと、やっぱり料金面です。(EMSが4000円くらい高い)

EMSの方がインターネットで荷物の追跡ができるので安心なのですが、そこまでしなくてもまあ大丈夫だろうということに。
(韓国は何事にもアバウトな面があるので、ちょっと心配というのも本音ではあるのですが)

 国際小包については→こちら

普通の宅急便感覚で住所と電話を書けばいけるのかと思ってましたが、国をまたぐので荷物の内容を明記しないといけませんでした。

しかも「詳細に」らしい。
内容品の日英訳のページを見ると、「ここまでくわしくかよ!」と思わず言ってしまうくらい詳細にせなあかんの?と思ってしまう。

別にやましいものは全く入ってないので、教えてやってもいいのだが、縦3センチ×横7センチのスペースにはおさまるはずはなく。せいぜい5行か6行が限界です。

母と話して「あの国がそんなに詳細さを求めるはずがない」という結論に達し、洋服類は「clothes」、食品類は「food」でひとまとめにしてみた。(HPにはおおまかすぎてNGの例に「food」があがっていたけど・・・)

郵便局に荷物を取りに来てくれるように電話したときに念のため聞いてみたけど、「そんなに詳しく書かなくても問題ない」という回答。「食料品もfoodでいい」って言われたので大丈夫でしょう。

あと宛名ですが、これはトトロハウスさんにメールで質問したらすぐに教えてくれました。
アルファベットと漢字で書けばいいとのこと。

(例)  Seoul市 ○○区 ××洞 1-1
     〒(郵便番号)
     △△下宿 111号室

        名前(ローマ字で)

電話番号もわかれば書いた方がいいですね。


ちなみに荷物は14キロ。EMSより安い航空小包にすることになったら気が大きくなって荷物が増えました。

ちゃんと届くかなー。届いてくれないと困るねんけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

下宿が決定☆

下宿が決定しました。
おとといの夜トトロハウスさんからメールをもらって、
「ふたつのうちのどちらかを選ぶ形で下宿を決めてください」
ということに。

どちらも同じオーナーさんがやっている下宿のようで、
条件はほとんど同じ。
インターネットもすぐに使える。(月1万ウォン追加)

違いは、

【下宿①】
 新村駅から徒歩約10分。
 家賃は月42万ウォン。
 ただし、クーラーがついているので夏(7・8月・9月)は50万ウォン。

【下宿②】
 新村駅から徒歩約3分。
 家賃は月43万ウォン。
 クーラーはついてないけど、扇風機が部屋についてる。

添付されていた写真も見て、いろいろ考えました。
けおるんが考えていた家賃の上限は45万ウォン。
50万ウォンはちょっと予算オーバーなのと、クーラー代で8万ウォン(約1万円)アップするのはちょっと納得いかない感じもしました。
ただ、クーラーがなくて夏バテなんかをして勉強に支障が出るのも困るし…
ということで、韓国語教室の先生に相談してみました。

最初、「クーラーのある方とない方」と言ったら、
「ある方がいいよー」とのことだったのですが、
メールをプリントアウトしたものを見せて、写真も見てもらったところ、下宿②の方がいいんじゃないかと。

下宿の場所はなるべく交通の便がいいところのほうがいいそうです。
駅から近い方が帰るときも安心だし。

同じ教室のアジュンマたちにも見てもらったら、
(自分の娘が行くんだったらどっちにするか、という視点からみて)
「②の方がいいわー」と言ってました。

そして昨日家に帰って、
「下宿②にします」という返事をしようと思ってメールを開けたら、

「オーナーにどちらか早く選んで欲しいと連絡があり、
(けおるんに)電話したのですが留守電でしたので、
申し訳ないのですが、こちらの方で下宿②の方に決定させていただきました。」

という内容のメールが。

「韓国は日本より蒸し暑くないので、扇風機で夏を乗り切れると思い、電気代の負担がなく、部屋が広めきれいで明るい方の下宿②を選ばせていただきました」

とのことでした。
「下宿②で」という返事をしようと思っていたので何の問題もないし、韓国へ行く前に下宿が決まって安心、そして韓国での生活場所が具体的に決まってわくわくしてきました。

トトロハウスさんはいつも丁寧にメールをくれて、とても安心感がありました。
下宿を韓国に行く前に決めたい方はおすすめします。
(学校の手続きなんかもしてくれるそうなので、ここで全部やってもらったらよかったと思いました)
詳しくはトトロハウスのHPをご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

送金してきた。

前に作っておいた新韓銀行の口座(→詳しくはその1その2
にお金を入れてきました。

「口座にお金を入れる」と一言で言っても、韓国の口座なので
「送金」という形になります。
なので、手数料もかかるし、その日の為替レートもかなり影響するため、ぎりぎりまで様子を見ていたのですが、結局、1ヶ月くらい前(ちょっと円高だった頃)に送金しておくのがいちばんよかったのでちょっとへこんでます。

新韓銀行の窓口から送金したのですが、手続きはすごく簡単。
送金の申込用紙に送金金額を日本円で記入して、送金目的(けおるんの場合「生活費」)、送金先の受取人名・銀行名・口座番号、送金者の住所・氏名を書くだけ。

手続き的には5分くらいで済みました。
手数料は3500円でした。
レートを聞いたら、
「今日の朝一番のレートを使いますので100円=823ウォンです」とのこと。
…厳しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月21日 (水)

国際ローミング携帯

韓国に着いたら韓国の携帯を買うつもり(たぶんプリペイド)ですが、
すぐに手に入るのかわからないので、その間のお守り代わりにドコモの国際ローミングができる携帯を買いました。

SIMPURE N(N600i) → ドコモのHPNECのHP

同じ値段でLG製のもありましたが、デザイン性と重さなどを重視してNECを選択。

実際使ってみました。

 ・画面ちいさい。
 ・表示される文字がギザギザできれいじゃない。
 ・iモードでサイトを見ると、2年前くらいに使ってた携帯のレベルの表示能力。
 (画面のきれい度とか、グラフィックが表示されないところとか)
 ・着メロをダウンロードしようとしたら、「この機種には対応していません」。
 ・メール作成しにくい。(←これは慣れもあるのでしょうが)
 ・カメラ機能イマイチ。

などなどの不満が使ってみてすぐ噴出。
なので、「韓国に行っているときにだけ使用する携帯」に任命。
それまでは今まで使っていた携帯を使うことにしました。
(FOMAはカードを差し替えるだけで使えるようになるため)

電話の音質なんかは問題なしです。
デザインと軽さは気に入ってるし。
海外ではiモードも使わないしいいんですけどね。
ただ、日本国内と兼用は私には難しいかった。
電話としてだけ使用の方にはいいかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

飛行機決定☆

出発まで20日切ったのに航空券の請求が来ないので、留学エージェントに電話してみた。

飛行機はちゃんと取れているらしく、「明日請求書を発送します」とのこと。
実際今日来て、ネットで振り込んでおきました。

【ご請求明細】
 1.海外航空券代金       71,000円
  (関空-ソウル)1年FIX

 2.国内空港使用料(関空)    2,650円

 3.燃油特別付加料金        2,600円

 4.航空保険超過負担料            600円
              
 5.海外空港税など                  3,200円
     (仁川空港使用料)

               合計     80,050円

電話で問い合わせたとき、以上の内訳を説明された後、

「それとですね、この航空券なんですが...
エコノミーとビジネスとあるうち、ビジネスの方なんです。
大韓航空のこの便の場合、ビジネスの方が安かったのでこちらでお取りしました。」

とか言うじゃないですか~。
どういうからくりでビジネスの方が安くなるのかよくわからないけど、
いい方に乗せてくれるってんだからありがたい話。

けおるん「えーっと、じゃあ荷物の容量も多くなるんですか?」

エージェント「そうですね・・・。お調べします。(しばらくして)30キロですね」

エコノミーだと20キロだから、10キロの差は大きいかも。
もし重量オーバーしても、見逃してくれる場合もあるし、多少ならお金を払っても(荷物を別に送るより)いいかなー、と思っていたので。

でも行きしなでつかの間のセレブ気分(?)を味わってしまって、韓国での貧乏学生生活に対応できなくなったらどうしよう?なんて考えたり・・・

具体的な日時が決まって、気分がちょっと盛り上がってきました。

ちなみに、大韓航空のHPで調べたら、
この便はJALとのコードシェア便みたいで、JAL機材らしい。
サービスは日系の方がいいのですが、大韓スッチーの生態観察はなかなか楽しいので、ちょっと残念かも。

【けおるんの出発日時】
 大韓航空 (KE722) 関空(大阪)   9:40発
              仁川(ソウル) 11:30着

せっかくのビジネスなのに、登場時間は2時間弱・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

通帳&カードGet☆

水曜日、新韓銀行から家に「通帳が出来てきました」という電話をもらっていたので、ビザをもらったついでに取りに行ってきました。

新韓銀行に入ると、申し込みをしたときの行員さん(電話くれたのもこの人)が私の顔を見るなり、「少々お待ちください」と言って奥へ。

え!?顔パス?

しばらくして通帳とカードを持って再登場。

確かに私の名前が入ってます。正解。

通帳は日本とほとんど同じ。
ちょっと薄いような気はしますが。
印鑑の部分は申し込みのときに書いたサインがそのまま貼り付けてあります。
印鑑押してたら、印鑑が載ってたことに。
印鑑を偽造してお金を引き出されたりしないように、日本ではもう通帳には印鑑は載せてないですが、韓国はまだ載せてるみたい。

カードは「SHINHAN smart One」とデザインされた字が入っていて、ICチップ付。
通帳に書いてある口座番号が書いてないのが?なんですが(全然関係ない番号は小さく書いてある)、いくつかの機能がついているみたいで、
 ・「전자통장」(電子通帳)
 ・「공인인증서」(公証認証書?)
 ・「K-CASH」
 ・「현금카드」(現金カード)
の文字とアイコンが描いてあります。

これらの機能がどんなのか、私が使えるのかよくわかりませんが(登録とかがいるのかも)、チェックカード(日本でいうデビットカード)として使えたら便利なのになーと思ってます。
※新韓銀行の韓国語HPを見たら、こういうこと(?)らしい。

通帳とカードにそれぞれ暗証番号を設定させられました。
通帳が4ケタ、カードは6ケタ。
お金の引き出しは韓国内でしかできないとのこと。

この通帳にお金を入れるには、送金という形をとるため手数料(4000円くらい)がいります。
もうちょっとウォンが安くなるのを期待して、今日もお金は入れず。
お金とカードを持って銀行へ行けばすぐに通帳に入るそうなので様子を見て、出発ギリギリでもいいかなと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビザGet☆

本日、ビザを受け取ってきました。

昼休みに携帯を見たら、伝言メモに録音が。
申請したときに「手続きができたら携帯に電話する」って言われたので、
電話に出れないときは伝言メモを設定しておきました。

「もしや、領事館から?」って聞いてみたら、

「もしもし、こちら韓国総領事館ビザ課の者です。○○様のお電話でよろしかったでしょうか。えー、先月申請されました長期ビザのことでお電話です。(ちょっと聞き取れない)がおわりましたので、時間は1時半から3時半、受付の紙必ず持ってきてください。失礼します」

かなり音が小さくてよく聞こえなかったけど、「1時半から3時半の間に受付の紙を持って来い」ってんだから、「ビザできたから取りに来い」ってことだろうと思って、昼から半休とって行ってきました。

2時過ぎに行ったのですが、総領事館はけっこう混んでました。
ビザ発給の窓口には欧米系の外国人の人が来ていて、ちょっと驚きました。(たぶん日本→韓国に行く人?)奥の窓口(パスポート発給とか?)は在日韓国人の人で混んでました。
でもビザの窓口は3人くらいしか並んでなくて(番号札取る)、すぐに順番になりました。
窓口の人に受付の紙を渡すと、並んだパスポートの中から私のパスポートを探して、ビザの内容チェック、パスポートの写真と私の顔をチェックして、渡してくれました。

1_visa_4 ビザはこんな感じ。
ソウル入国管理局のHPより) 
これは私のビザとは種類が違うのですが、見た目(台紙)はまったく同じです。
パスポートの1ページに貼ってあります。

성/Surname (姓) 
명/Given Name (名)
생년월일/Birth Date (生年月日)
성별/Sex (性別) → F(女)
체류자격/Status (在留資格) → 일반연수(一般研修)D-4
체류기간/Period of Sojourn (在留期間) → 06M (6ヶ月)
종류/Entries (種類) → S (再入国に許可がいるシングル?)
발급일/Issue Date (発給日) → 2006/05/11
만료일/Expiry Date (満了日) → 2006/08/11(この日までに入国しないと無効)
발급지/Issued at (発給地) → OS(たぶん大阪の意味)
비고/Remarks (備考) → 이화여자대학교어학학원(梨花女子大学語学学院)

以上のことが記載されてます。
ちなみに写真右下のハンコは入国審査時に押されるので今はありません。

受付の紙を一度家に取りに帰って、また出かけたので疲れた・・・
でもビザをもらってほっとしたのと、やっと韓国に行くっていう実感が出てきた感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

荷物を考える

少し前から持って行くものをちょっとずつ用意してみたりしてます。
エージェントにもらったリストと、ソウルナビの掲示板でリサーチしたのを参考に
リストを作ってみました。

【生活用品】
・生理ナプキン →これはよく言われてます。日本の方が安くて質もよいとのこと。
・洗濯ネット  →洗濯機の水流が強くて生地が傷むらしい。
・化粧品   →自分の肌に合ったものの方が安心。
・コンタクト  →日本の方が安い。1日使い捨てにする予定。
・爪切り
・爪とぎ
・シャンプー、リンス
・歯ブラシ、歯磨き粉
・ポケットティッシュ →これも意見が多かった。街でもらいまくって集めてます。

【勉強道具など】
・辞書
・筆記用具 →韓国の消しゴムは消えないらしい。
・ノート
・電卓
・住所録 →友達にエアメールを送る用。
・ガイドブック
・電池
・カメラ
・パソコン
・写真  →日本の生活、文化を紹介する用。

【食品】
・緑茶 →飛行機で韓国の緑茶を飲んで日本茶が必要と思った。
・みそ汁 →インスタント。これも意見が多かった。

今ウォン高だし(ちょっとずつ下がってる傾向みたいなので、期待してますが)、
100円均一とかで買えるなら日本で買っていった方がお得なような気がして、
何か買いたい衝動に駆られたときは留学に必要な物を買うようにしてます。

「これも持って行くといいよ」とか「それ、いらへんでー」などありましたら、
どしどしコメントください。参考にさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

歯医者に行ったら

留学中に行きたくないところ、それは病院。
言葉が通じなかったり、通じても日本とは勝手が違うはずなので、
できれば、できたら、できる限り、行きたくない。

特に歯医者は日本でも信用した先生にしかさわって欲しくない。
いわんや、韓国では。

というわけで、本日診てもらいました。
だいたい年1回は虫歯がないかチェックしてもらい、歯石を取ってもらってるんですが、
前回から約1年経ってました。

チェックしてもらったら、虫歯はなし。
でも、先生は左奥の親知らずが気になるらしい。

この親知らずには6年ほど前に文字通り泣かされまして、
こいつが出てきたおかげで噛み合わせがおかしくなったのか、
噛む度に左のほっぺたを噛んでしまうようになってしまい・・・

泣きながらここの先生に処置してもらうまで、
ヨーグルト、栄養ゼリー、やわらかいパン、豆腐、など主に流動食しか食べられず。
おかげで3キロくらい痩せまして、さらに痩せ続け現在のけおるんになった(?)わけです。
(それまでもうちょっとぽっちゃりしてた。と思う)
名付けて親知らずダイエット。
あんまりおすすめはしません。

話がそれましたが、先生は現在の状況と6年前に撮ったレントゲンを見て、

「こいつが悪さをするかもしれんなー」

と言っている。
半年海外に行くことも話したので、半年間痛みが出たりしないか考えてる様子。
さすがにレントゲンが古くて今の状況がわからないということで、
今日レントゲンも撮りました。

今日撮ったレントゲンを見て、

先生「やっぱりだいぶ頭出してきてるね。処置しましょう」

けおるん「抜くってことですか?」

先生「そう。そのつもりで次回来る日を決めてね。連休明けになるね」

けおるん「・・・はい」

ということで・・・

5月8日、親知らずの抜歯決定。

次の日も抜歯後の消毒とやらをしに行かなけりゃならないらしい。

まあでも。韓国で痛くなることを考えたら、これでよかったのかも。
今日行ったのも、もしかして虫歯の治療とかが必要な場合に
何回か通える余裕を持ってと思って出発2ヶ月前に来たわけだし。

まな板の鯉になってこようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)