2006年8月 5日 (土)

innisfreeのコスメ

ちょっと油断したすきに日焼けしてしまたのが気になってきて、「何か美白アイテムを投入しないと!」と思うようになったのと、日本で悩まされてたアレルギーの症状が韓国に来てからすっかりよくなって「今使ってる以外のコスメでも大丈夫かな」と思えるようになったので、韓国コスメを買うことに。

今は低価格のコスメショップがたくさんあって、あちこちチェックしてみたのですが、今気に入ってるのが「innisfree(イニスフリー/이니스프리)」です。→innisfreeHP

ここのコスメは香りがラベンダーとかハーブ系のニオイなのがいい。
店員さんも丁寧に商品の説明(韓国語だから半分くらいしかわからないけど)してくれるし、棚に貼ってある商品名には「美白ローション」など日本語も併記されているので旅行で来た人も買いやすいと思う。

そして、買ったときのおまけが多いのも気分がいい。
Dsc00763
おとつい写真奥右の美白エッセンスを買った(奥左はその箱)のですが、残りは全部おまけ。


おまけのクレンジングクリームをつかってみたけど、これもニオイが自然で使い心地もよかったです。

そしてこのお店はメンバーズカードがあって、「作りますか?」と言われて用紙を出されたので記入したら私も作れました。
ポイントが貯まったらどうなるのかはまだわからないけど。
案内を解読しないと。

他のショップのものでは、「SKIN FOOD」は全体的にあまったるいニオイがします。私はちょっと苦手。
でも、甘いニオイがしないライムのボディオイルを買ってみた。
部屋で使ってみたら、ちょっと車の芳香剤っぽいニオイ??
そんなに気にならない程度だけど。
SKINFOODでボディオイル買ったときのおまけがショボかったので、ここではもう買わないかもしれん。(支店によって違うのかもしれないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

チムジルバン・新村レスト

今日はチムジルバンへ行ってきました。
下宿と学校のだいたい中間地点くらいにありました。

チムジルバンはお風呂は男女別々(当然ですが)、サウナ&リラックススペースは男女兼用です(Tシャツと半パンを着る)。
男女兼用ゾーンはカップル率が高く、カップルの密着度も高かったです。
他にもいろんな層の人がいましたが、今日は若い人が多かったです。

Dsc00564
Dsc00563 







中はこんな感じ。
ドアがいくつかあって、温度が違う部屋がいくつかあります。
冷凍庫みたいな寒い部屋もあります。
ここで汗をかいたり、ごろごろしたり(テレビもある)、何か食べたりしてすごします。

写真はないんですが、チムジルバン名物の燻製卵を初めて食べました。
ほんのり塩味がして想像以上においしかったです。
2個で1,000ウォン。
温かかったらもっとおいしかったかも。

そして、韓国ドラマでおなじみのあの頭の秘密がわかったのでご紹介したいと思います。
Dsc00566_1① まず、フェイスタオルを用意。
※あまり分厚いとやりにくい




      
Dsc00567②タオルを三つ折にします。





Dsc00568

 





       
Dsc00569 ③三つ折した端を巻いていきます。





Dsc00570 ※ふたりで両端同時にやるといいらしい




       
Dsc00571 ④こんな感じになるまで巻きます。





       
Dsc00572 ⑤真ん中をひっぱって広げながら頭にかぶります。




       ↓
Dsc00573 できあがり。







これは「양머리(ヤンモリ/羊の頭)」と呼ばれているらしい。
実際にやってみて、別にこの頭にしないといけないってこともないと思いましたが。

汗を思いっきりかいた後はお風呂ですっきりして帰ってきました。
タオルとTシャツと短パンは貸してもらえるので、持って行くものはシャンプー・リンス・石鹸・化粧品くらい。
あと、ペットボトルを持っていくと水が持ち歩けるので便利です。水がなくなったらタダで補充できます。

チムジルバンは人間ウォッチングの場としても楽しいところだし、おなかが空けば何か買って食べたり飲んだりできるし、いようと思ったらいくらでも長居できる場所です。
料金は5,000ウォン。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

DHC

日本から進出してます。
販売方法も日本と同じ通販みたい。

梨大でサンプルを配っていて、もらいました。
Dsc00468 

Dsc00467中身はこんな感じ。
商品はパッケージとも日本と同じでした。
裏を見たら、おもいっきり日本語が書いてあってハングルなし。そのまま日本から持ってきたみたい。
・日焼け止め
・ディープクレンジングオイル
・マイルドソープ
・マイルドローション
・オリーブバージンオイル

そしてびっくりしたのが、日本でもある愛用者手書きの「これいいよー」新聞?
韓国の愛用者たちが書いたのが入ってました。


値段を比較してみた。

                     〈 日 本 〉   〈 韓 国 〉
 ディープクレンジングオイル     2,940円    29,000ウォン
 マイルドソープ              1,785円    20,000ウォン
 マイルドローション(M)         2,940円    31,000ウォン
 オリーブバージンオイル       4,725円     50,000ウォン
 
という具合でした。(価格は標準価格)
だいたい同じか、ちょっと韓国が高いかなっていう程度。
韓国の「THE FACE SHOP」が日本に進出して、1.5倍くらいの値段で売ってるのはありえないけど、DHCの方は妥当な値段設定ではないかと。

広告の写真とかはやっぱり韓国風。
でも、学校の友達が、
「特別美人じゃない人をキャラクターにしてるところは、日本も韓国も同じかも」
ということを言ってました。そうかも。
身近な感じをアピールしたいのでしょうか。

 日本 → 藤崎奈々子、山川恵梨香など
 韓国 → キム・ソナほか

日本のDHC → 公式オンラインショップ
韓国のDHC → 公式オンラインショップ

| | コメント (1) | トラックバック (0)