« 強運の江華島旅行 その2 | トップページ | 極寒の春川 その1・南怡島 »

2006年12月11日 (月)

荷物を送った

ちょっと早めに荷物を送りました。

 理由 : 20日から家に誰もいないから。

前に下宿のアジュンマが、

「日本に荷物を送るとき言ってね。郵便局のアジョッシに取りに来てもらうから」

と言っていたので、昨日の夜、

「明日荷物を送りたい」とお願いしておきました。

荷物の中身は、主にもう着ない洋服、とりあえず読まない本、母上が使う化粧品、健康用品(レンジで温めて使う黄土と玉が入ったパック)など。

日本から送ったのを取っておいた箱(特大)と、下宿で捨ててあったのを拾った箱(大)のふたつになったので、(大)の方はEMSで早く着くように送って、(特大)の方はすぐに使わないので船便で安く送りたかったのですが、下宿のアジュンマに聞いたところ、

「航空便じゃないと持って帰ってくれない」
(自分で郵便局まで持って行かないといけない)

とのことで、断念しました。

4時過ぎに郵便局のアジョッシとアジュンマがペアでやってきました。
荷物の引き取りはEMSしかダメとのことだったので、EMSで送ることにしました。
アジョッシは、「そんなに料金変わらないし」と言ってました。

電話番号と名前、住所を書いたら、後は全部書いてくれます。
「荷物の内容」の欄も、アジョッシが「生活用品」とだけ書いてました。
日本に送る人が多いみたいで、かなり慣れてる感じでした。

(大)が8.5キロ、(特大)が14.5キロで計23キロで、気になる料金は全部で82100ウォンでした。1万円弱で思ってたより安かったのでよかったです。
ちなみに日本から送ったときは、14キロの荷物をEMSより安い航空便で送って1万円弱だったので、韓国から送る方がかなり割安です。

|

« 強運の江華島旅行 その2 | トップページ | 極寒の春川 その1・南怡島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 強運の江華島旅行 その2 | トップページ | 極寒の春川 その1・南怡島 »