« 極寒の春川 その1・南怡島 | トップページ | 極寒の春川 その3・昭陽ダム »

2006年12月13日 (水)

極寒の春川 その2・春川タッカルビ

南怡島(ナミソム)からタクシーで加平(カピョン)バスターミナルまで戻りました。
4人だったのでバスよりもタクシーの方が安かった。

バスターミナルからまた長距離バスに乗って、春川バスターミナルへ。
そこからタクシーで春川の「明洞」と呼ばれる繁華街まで行きました。

目的は、

春川タッカルビ♪

コチュジャンで甘辛く味付けした鶏を鉄板の上で炒める料理。
ソウルで食べたことあったけど、「やっぱり春川に来たらタッカルビを食べて帰らないと」ということで食べに行きました。

できあがる行程をご覧下さい。

Dsc02686

1.出てきてすぐ。




Dsc02687_1 2.もうちょっと我慢。




Dsc02688 3.「お餅から食べていいよ」とアジュンマから許可が出る。



Dsc02689 4.鶏を食べていい許可が出る。




お店のアジュンマが見回りに来て混ぜたり、そろそろ食べていいとか教えてくれます。

お味は、

「これがほんとのタッカルビだったのか!!」

と思わず叫んでしまう感じ。
新村にある「春川タッカルビ」と名乗るお店で食べたのはタッカルビに非ず、ということで意見が一致しました。(春川で食べる前は普通に「おいしい」と思っていたのに)

もうね、まず最初に(アジュンマの)許可が出て食べたお餅のやわらかさも違うし、味付けも違う。
最後に許可が出て食べた鶏肉も、全然(ぜんっぜんっ)やわらかさが違う。
ちょっと辛いんですが、やみつきになる甘辛さで、辛いの苦手な人は一緒についてくるサンチュ(サラダ菜)で巻いて食べればなんとかなります。

タッカルビを食べるだけを目的に春川に行ってもいいくらいおいしいです。ほんとです。

そして、もうひとつの名物
Dsc02690 マッククス(食べさし)

これは蕎麦で作った冷麺みたいの。私はもうちょっと辛くない方の冷麺(ムルネンミョン)に近くして欲しかった。
これはまあまあでした。

私たちが食べたお店は、「우미닭갈비(ウミタッカルビ)」というお店です。
春川の明洞へ行って、「タッカルビコルモック」(タッカルビのお店が集まってる通りを探せば見つけられるはず。
ガイドブックとかには、コルモックにあるお店はどこでもあたりはずれはないはずと書いてたので、他のお店もおいしいと思います。

|

« 極寒の春川 その1・南怡島 | トップページ | 極寒の春川 その3・昭陽ダム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 極寒の春川 その1・南怡島 | トップページ | 極寒の春川 その3・昭陽ダム »