« 梨泰院の看板 | トップページ | 強運の江華島旅行 その2 »

2006年12月 2日 (土)

強運の江華島旅行 その1

今日は日帰りで江華島(강화도/カンファド)へ行ってきました。
新村から10分間隔でバスが出ていて1時間半くらいの距離です。
でも江華島に着いてからの交通がけっこう不便だと聞いていたのと、朝からめちゃくちゃ寒かったのでちょっと心配してましたが、かなりラッキー続きの1日でした。

1.朝ごはんのパンを買う
朝の9時に駅で集合して、ふたりとも朝ごはんを食べてなかったのでパンを買うことに。
パン屋でパン2個ずつと、カフェラテを買いました。
お会計のときに「5200ウォンです」と言われて、「安いな~」と思ってそのまま払ったんですが、これってカフェラテ2杯の値段。
店出てから、よく考えてみたらやっぱりパン代は入ってなかった。
ラッキー。

2.江華島行きのバス
新村駅の8番出口から出て、市場を抜けたところにあります。
江華バスターミナル行きと、摩尼山(마니산/マニサン)行きと、あと忘れたけどもう1カ所くらいありましたが、全部江華島の中です。料金は4,900ウォン。
私たちは最初に伝燈寺(전등사/チョンドゥンサ)に行こうと思っていたので、摩尼山行きに乗りました。
9時40分に出発して11時くらいに、伝燈寺から一番近い「オンスリ(온수리)バス停留所」で降りました。
(運転手さんが「伝燈寺はここで降りて」って感じで言って、けっこうたくさんの人が降りてました)
Dsc02543 かなり田舎。





3.伝燈寺
バス停のそばのファミマのアジョッシに場所を聞いて伝燈寺に向かいました。
Dsc02544 けっこう急な坂をがんばって登る。





Dsc02545 しばらく行くと、この前に入場券売り場があるので券を購入。
2,000ウォン。





Dsc02551_1 中にこんなのがありました。
回すと御利益があるみたい。
ちょっと重たかったけど回してみました。





Dsc02554デザインがかわいい。
よく見ると人参だし。





Dsc02559  Dsc02556






4.ハルモニたちと昼食
伝燈寺を見た後、草芝鎮(초지진/チョジジン)に行きたかったのですが、どうしていいかわからなかったので、たまたま通りかかったハルモニふたりに聞いてみたところ、
「ついてきなさい」
と言うのでそのままついて行きました。
Dsc02581 バス停まで案内してくれるもよう。





途中で「お昼は食べたの?」と聞かれて「まだです」と言ったら、

「私たち今からカルグクスを食べに行くから一緒に行こう」

とのお誘いを受けたので、ありがたくご一緒させていただきました。
で、このカルグクスがほんとにおいしかったんです。
店構えは普通の食堂。
お店のなかはこぎれいな感じで、ちょうど12時だったこともあってお客さんが後から何組か入ってきて、出前の電話もじゃんじゃんかかってきてたので、地元で人気のお店なのかもしれません。
注文すると生麺を機械にかけて細く切った後ゆがいていました。
Dsc02582 あつあつのカルグクス。
キムチも山盛りで出てきました。ちょっと酸っぱいキムチでした。
麺はなかなかコシがあって、ダシがちゃんととれててあっさり目のスープでした。
量はかなり多めですが、ハルモニはキムチを手でちぎりながらカルグクスに入れて食べててあっさり完食してました。

今まで食べた中で一番おいしいカルグクスでした。しかもこれで3,000ウォン。
正直江華島でお昼ごはん何を食べたらいいかと思っていたので、ここに連れてきてもらえたのもかなりラッキーでした。

お店を出てバス停の場所を教えてくれた後、ハルモニたちは市場へ行くといって去っていきました。
お礼を言って別れました。

5.草芝鎮
ハルモニに教えてもらったバス停は、最初に降りたオンスリバス停でした。
ここにいたアジュンマに草芝鎮へ行くバスを聞いたら、1時間半に1本くらいしかないのでタクシーの方がいいだろうとのこと。
向かいにあるタクシー基地でタクシーに乗って行ったら、4,800ウォンで行くことができました。
ここの入場料は700ウォン。
草芝鎮は日本でいうとお台場のように砲台が設置された場所で、1875年の江華島事件の舞台となった場所です。Dsc02596_1
Dsc02593 海がすぐそば。





次に江華島支石墓を見たかったのですが、どうしよう、タクシー捕まるかなーと思いながら道路の方へ行こうとしたところ、ここの入場券売り場のアジュンマが、

「どこいくのー」

と声をかけてくれて売り場の中に入れてくれて、いったん江華バスターミナルまで行って、そこから支石墓へ行くバスに乗るのがいいと教えてくれました。
そして「バスが来たら教えてあげる」と言うのでしばらくここで待ってたらいいのかと思ってたら、すぐに「急いで!」と言われたのでアジュンマと一緒に急いで道に出ると、しばらくしてバスが来ました。

「バスターミナルで降りてね」

と送り出されたのですが売り場から道は見えないし、バスも道に出てからしばらくして来たので、なんでアジュンマがバスが来ることをわかったのかが謎です。
でもスムーズに乗れて、ここでもラッキー。

その2につづく →こちら

|

« 梨泰院の看板 | トップページ | 強運の江華島旅行 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梨泰院の看板 | トップページ | 強運の江華島旅行 その2 »