« 北村(プッチョン)を歩く・その3「仁寺洞から鍾路へ」 | トップページ | 明日は登山 »

2006年10月14日 (土)

水原華城文化祭

水原(スウォン)に住んでいる友達・ジュニが、

「今週お祭りがあるから遊びに来て」

と電話をくれたので水原へ行ってきました。

Dsc01548水原駅から10分くらいバスに乗って「華城行宮」へ。
ここはジュニの説明によると別荘のようなところらしいです。
正祖大王が父親のお墓を水原に移してから12年間に13回定期的にお墓参りに来たそうですが、その際に泊まったりしたのがこちらとのこと。
華城行宮については→こちら(水原華城のHP・日本語)

華城行宮の前に広がるスペースにはテントがならんでいて、水原名物のカルビが食べられたり(有料・24,000ウォン)、日・中・韓の交流祭も兼ねているようで日本、中国料理のテントテントも出てました(いずれも有料)。
Dsc01545 特設ステージで日本から来たグループが「よさこいソーラン」を披露。
「よさこいソーラン」という踊りのジャンルを韓国で初めて知りました。(よさこい+ソーラン節がいつから融合?)

Dsc01551 特設ステージをひととおり見てから行宮の中へ入ったら、「正祖大王親臨科挙試験」の再現をやってました。
本来はソウルの王宮でやるものですが、ここでやってみてるらしいです(ジュニ談)。
試験で一番の成績を取った人が表彰されてるところが見れました。

「科挙試験」を見た後に、伝統文化体験をしてみました。
これはいつも週末と祝日にやってるそうです。
Dsc01558_1まず、こんな銭を買います。
1枚1,000ウォン。



次に、体験したいブースへ行って銭を渡して実際に体験。
私たちがやったのは、
Dsc01563 緑茶を飲んで、伝統菓子を食べる。





Dsc01565_1Dsc01566 宮中韓菓子作り。




Dsc01572 宮中床花作り。
これは桃の花だそうで、カーネーションのように母親に感謝の気持ちを表すときに渡す花だそうです。
一生懸命作ってた子供たちがかわいかったです。

他には、
韓紙を漉いてできた紙に拓本をとることや、陶磁器作り、王族の衣装を着て記念撮影、などがありました。

行宮の中でポシャギの展示会が開かれてました。
Dsc01574 これがすごくよかった。
ただ展示場なんかで見てもきれいですが、こういった場所に飾ることによってより一層雰囲気が出てたし、天気がよかったので光が透けたり、陰影が出たりしていろんな表情を見ることができました。

Dsc01605 門を出ると、前で伝統舞踊をやってました。
これを全部見終わったらちょうどメインのパレードの時間になりました。



パレードの前半は正祖大王が父親のお墓参りをした時を再現した行列、後半は市民パレードでした。
Dsc01611 最初は綱渡りの女性が登場。



  Dsc01613Dsc01616
綱引きみないなことをやってました。



Dsc01624Dsc01627行列がスタート。
かなりの規模です。



  Dsc01630Dsc01633
Dsc01638


Dsc01641なんでピエロおるん?
合わないし、あんたら(けっこう数いる)のせいで見えない時があるねん。


気を取り直して・・・Dsc01642Dsc01645
Dsc01648





(省略)

Dsc01662王様が乗ってるはずなのだが・・・
誰もいない。



Dsc01664_1

王様の母親らしい。





Dsc01666后。





Dsc01668これで王様の行列は終わり。




Dsc01669 白バイ隊の後は市民パレード。
中身は御堂筋パレードみたいなのをイメージしてください。
これがまた長かった・・・
途中まで見て引き上げましたが、まだまだまだ続いててびっくりました。

この王様の行列はかなりの規模で見ごたえがありました。
伝統体験もできたし、楽しい一日でした。

|

« 北村(プッチョン)を歩く・その3「仁寺洞から鍾路へ」 | トップページ | 明日は登山 »

コメント

私も【よさこい】やってるよ~先週大阪城ホールで踊ってきました>いいねエ韓国まで踊りに行って!

投稿: 講座のマジュンマ | 2006年10月16日 (月) 16時39分

講座のアジュモニ☆

よさこいは主婦の人がほとんどだったみたいですよ~。
衣装も自分で作ったとか言ってました。
韓国で踊りに来れるようにがんばって!!

投稿: けおるん | 2006年10月16日 (月) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北村(プッチョン)を歩く・その3「仁寺洞から鍾路へ」 | トップページ | 明日は登山 »