« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

ハマりもの

韓国に来てから初めて食べたものがたくさんありますが、その中で気に入ったものの代表選手をご紹介します。

Dsc00980

これ。
白いやつです。
上のお肉はデジカルビ(돼지갈비/豚カルビ)。


こやつの名前は껍데기(コッテギ)と申します。
正体は ・・・ 豚の皮です。

よーく焼いて(写真は焼き始めた状態)、一口大に切って食べるます。
コリコリ?ムニムニ?うまく表現できませんが、食感がたまりません。
味付けはお店によってちょっとずつ違います。
また、コラーゲンたっぷりのためお肌にもいいんだって。

これがまた、お酒(焼酎)に合うんですな。
昨日もこれをつまみに、女ふたり(with ミンギョン)で焼酎3本空けました。
チャミスルより度数が低い銘柄だったけど、私の中の最高記録でした。

一度お試しください。
人によって好みはわかれるみたいですが、ハマる人も多いはず。
(韓国人でも「私はあんまり・・・」って人もいた)

ちなみに、新村は焼肉が安いです。
昨日は、
 デジカルビ 2人前
 コッテギ 2人前
 焼酎   3本
 冷麺 2人前

以上で23,000ウォンでした。
昨日のお店はお肉注文した人に冷麺を無料サービスだそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

とりあえずご覧下さい

Dsc00990 ん?何かよくわからない?












Dsc00991 これでどうでしょうか?










これについて多くは語りませんが、私が気づいたのが先週水曜日なので1週間以上この状態が続いていることになります。
正常な状態になったらまたご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

雑誌のふろく

Dsc00964 「韓国の雑誌は付録がすごい」というのは知ってましたが、こんなものまでついてるとは・・・。
何がおまけやらわかりません。

一番衝撃的だったのは、「Cindy」という雑誌。
・・・体重計がついてますがな。
体重計とギャッツビーのデオドラントスプレー(たぶんこれ)です。隣に置いてある雑誌の付録は「ジュエリーケース」しかもけっこうでかい。
その隣は化粧品何品かとワンピースが付録。

Dsc00965その他、主婦が読む雑誌にはオリーブオイルや洗剤がついてるものもありました。
でも、体重計は想像の域を超えてました。

雑誌自体も日本の雑誌よりもずっと分厚くて重い上に、こんな付録までついてるときたら、持って帰るのが大変。
買うとしたらなるべく家の近所で買うなあ。駅の売店で売ってるところもあったし・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年8月27日 (日)

「괴물」(クェムル)

Main 韓国でヒット中の映画なので見に行ったのですが、私的にはあんまり・・・。
言葉がわからない私がいうのもなんですが。
CGはよくできてました。

一言感想・・・軍隊と警察に任せといた方がよかったと思いました。

日本でも公開されるそうですが邦題が「グエムル」。
「괴물」は漢字で書くと「怪物」、発音すると「クェムル」なんですけど、「グエムル」はなんか違うような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッカンマリ

昨日の夕食に東大門まで行って、約1年半ぶりにあの味を堪能してきました。
前回のレポートは→こちら
ソウルナビ→こちら

前回もすごい人だったので今回も並ぶの覚悟で行きました。
7時20分くらいに行ったらけっこう並んでた(20人くらい?)けど、20分程待ったら席に着けました。
8時頃はどんどん食べ終わった人が出てきたので、ちょうど入れ替わりの時間なんだと思います。その時間帯に行けばそんなに待たないでいいかも。
それにしても、店内は結構広い上にかなり詰め込まれてるし、2階席もあるので席数はかなり多いはずなのに、並んでる人がいるっていうのはすごいことだと思います。
東大門の同じ通りに同じタッカンマリ屋や、焼き魚屋がたくさんありますが、満席でしかも待ってる人が列を作ってる店はここだけでした。前回も今回もです。
しかも、この店は鍋料理(暑い)で席もぎゅうぎゅう詰め(暑い)のに、冷房なしで扇風機があるだけです。
並んで待ってもいい、暑くても食べたい、っていうくらいおいしいお店ということがおわかりいただけるでしょう。

席に着いたらすぐにアジュンマが鍋(ていうかタライ)に入ったタッカンマリ(닭한마리/鶏1羽の意)とトック(お餅)、キムチ、つけタレを作ったり、お好みで鍋に入れて辛くしたりする唐辛子ペーストを持って来ます。
Dsc00967 昨日は女子3人だったので1羽。
普通は2人で1羽、4人で2羽って感じです。
ジャガイモ、ネギなどが入ってます。



Dsc00968 作ったソース。
唐辛子ペースト+お酢+醤油にしてみました。
マスタードも置いてありました。
でも、ソースなしのダシそのままでも十分おいしいんですよねー。

Dsc00969 鶏はまるごと入ってますので、煮えたら自分で切らねばなりません。
アジュンマに「切って」って言ったけど、「忙しいから無理」って断られました。



Dsc00974 ある程度鶏と他の具を食べたら、麺を追加注文して入れます。
これがスープを吸っておいしいんです。



私は鶏そのものよりもこのスープと麺が好きなんです。
麺が茹で上がるまでスープを飲みながら待ってました。

ダシ好きの私が(いまのところ)韓国で最高と思ってるスープが味わえます。
辛いものが苦手な人も大丈夫だし、辛いものが好きな人もお好みで味が変えられるし、ひとりは無理だけどふたりで行ったり、大人数で行くのも楽しいと思います。
もうまた食べたくなってしまった・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

弘大のフリーマーケット

友達のミラと弘大(홍대/ホンデ)のフリーマーケットに行ってきました。Dsc00947Dsc00949




弘大は弘益大学(홍익대학교)という美術系大学のお膝元なので、画材屋さんがあったり、街灯もおしゃれな感じでした。

Dsc00953 フリマの様子。
いらない物を売るっていうのではなくて、アーティストさんが自分の手作りの作品を売ってました。

  Dsc00955_1Dsc00957Dsc00959_2




ディスプレイも工夫してあるし、作品もきれいなもの、おもしろいもの、いろいろありました。でも、値段がちょっとお高めのため、買いませんでした。

3月~11月の毎週土曜日、13時から18時まで開催されるとのこと。場所はオリニ公園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

スンドゥブ

お昼ごはんに食べました。

このお店は、アメリカンスタイルのスンドゥブチゲ(豆腐鍋)みたいです。
店名にLAなんとかってついてて、LAとか日本(大阪)にも支店があるもよう。
Dsc00943Dsc00944
 




チゲが出てきて、お釜で炊いたご飯も!!

スンドゥブチゲに卵を入れるとまろやかな味になります。
ある程度スープを飲んだら、私はご飯を入れて雑炊風にするのが大好きです。
ぺろっと全部食べてしまいました。

そして、
Dsc00945 ご飯をお碗に盛った後のこびりついて取れないおこげに・・・




Dsc00946 お湯を入れてしばらくすると、おこげがきれいに取れます。
それを食べます。
素朴な味わいで、なんかやめられません。

辛いものはそれほど得意ではないんですが、スンドゥブは大丈夫。
またここに食べに行こっと。

【追記】
お店の名前 → 「 DUBE HOUSE 」 LA복창동순두부
お店のHP  → DUBU HOUSE
HPで大阪の店探したけどないみたい。名古屋にはあるようです。お店で食べたとき敷いてくれたランチマットには確かに「大阪店」て書いてあったのですが・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

航空券の購入

冬服を取りに、一度大阪に帰ります。
今年の秋夕(チュソク/旧盆)は土日と祝日が絡んで(飛石)大型連休になっていて、その間お店も開いてないと聞くし、帰ろうと思ったのですが、

 9月30日(土)  土曜日
10月 1日(日)  日曜日

     2日(月)  平日
     3日(火)  開天節
     4日(水)  平日
     5日(木)  秋夕
     6日(金)  秋夕
     7日(土)  秋夕
     8日(日)  日曜日

こんな感じなので、当然飛行機も混雑します。混雑するので値段も高くなります。
最初、10月2日~10日で帰ろうと思って、学校の中にある旅行社で聞いてみたところ…

一番安いANAで41万ウォン!!!
しかも、さらに税金やらを+7万ウォンで計48万ウォン。

今のだいたいのレートで換算したら、6万円くらい。高すぎ。
「学割ききますか?」って聞いたら「学割がきくチケットよりもこのチケットが安い」との答え。
さらに、席もないのでキャンセル待ちするしかないとのこと。
一応キャンセル待ちで名前を入れてもらいましたが、なんともすっきりしない気分になりました。

で、次の日にミンギョンに頼んでインターネットで探してもらったら、同じ時期でも30万ウォン程度のチケットがあることが判明して電話で席があるか聞いてくれました。
その会社の場合、ソウル→関西・9月26日、関西→ソウル・10月9日だったら予約できるという返事で、2週間も日本にいないといけないことに。
それに、前日にキャンセル待ち入れた名前を消してからじゃないと予約できないということで、そのまた次の日にキャンセル待ちをキャンセルしました。

キャンセル待ちをキャンセルしてから自分でもネットで検索(韓国NAVERのにて→こちら)してみたところ、28万ウォン(+税)で行き・9月26日、帰り・10月2日なら取れそうなことが判明。
さっそくミンギョンに頼んで予約→予約確認→料金支払い→eチケット発券(印刷)を手伝ってもらい、無事日本に帰る飛行機を予約することができました。

①NAVERにて検索→予約

②予約確認のメールが来る。
 今回はミンギョンの名前とメールアドレス、携帯番号で予約してくれました。搭乗者はもちろん私の名前。

③入金。
 ほんとはクレジットカードで支払いたかったのですがうまくいかず、自分の銀行口座から送金することに。時間外でもATMからできて、送金したらすぐ(5分後くらい)に「入金確認しました」のメールがミンギョンの携帯に送られてきたのでびっくりしました。

④メールで送られてきたeチケットを印刷。
 ミンギョンが印刷して持ってきてくれました。

⑤空港カウンターで印刷したeチケットを見せる。

という流れです。
すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ほとんどミンギョンがやってくれました。感謝です。
ネットでの申し込みだったのでちょっと不安でしたが、さっきANAのHPで予約が確認できたので大丈夫でした。

ということで、9月26日の夕方から10月2日の午前中は日本にいますので、遊んでくれる方はご連絡をくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

野球観戦の準備

一度韓国で野球観戦したいと思ってましたが、火曜日に野球用語を教えてもらって、野球の話で盛り上がったジュニと一緒に行くことになりました!!

9月2日の土曜日に蚕室(チャムシル)競技場にて。
カードは、LG vs サムソンです。

昨日(8月23日)時点での順位表を見てみると…

 順位
    チーム名   勝   負   引   勝率
  1 サムソンライオンズ  59   3  34  0.634
  2 現代ユニコーンズ  53   1  43  0.552
  3 ハンファイーグルス  50   2  43  0.538
  4 KIAタイガース  46   3  44  0.511
  5 SKワイバーンズ  49   1  51  0.490
  6 斗山ベアーズ  43   2  48  0.473
  7 ロッテジャイアンツ  35   2  52  0.402
  8 LGツインズ  38   4  58  0.396

おもいっきし首位と最下位の試合でした。

テレビでちらっと見たところ観客は日本に比べると(かなり)少なめ。
プレーの内容に関しては批評できるほどの者でもないし、ちゃんと見てもないので今はなんともいえません。
ジュニが「日本と違うから見て失望しないか心配」って言ってましたが、とにかく実際に球場に行って見る機会ができたので、しっかり見て楽しんでこようと思います。
そして、日本のプロ野球との違いや共通点など気づいたことがあればまた紹介したいと思います。

野球を見るにあたって、いつも持参しているスコアブックを日本から持ってくるのを忘れました。
ジュニに「スコアブックを買いたいんだけど、どこにあるかなー」と聞いたところ、ジュニもスコアブックの存在を知らないようだったし、普通には売ってないんじゃないかとのこと。
でもやっぱり、スコアをつけながらのほうが私はより試合を楽しめるし、観戦の記念にもなるのでぜひ持って行きたい。
「もしかしたらネットでダウンロードして、印刷できるものがあるかも」と考えて検索してみたら、いいのが見つかりました。→スコアブック
エクセルで作ってあるので、自分の使いやすいようにアレンジしたもの(「scorebook2.xls」をダウンロード )を印刷してもって行こうと思います。

あー、楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

韓国流さしみ

Dsc00934 韓国でお刺身食べました。
日本と同じ食べ方もするし、思ってもみなかったいろいろな食べ方もあって面白いです。


これは、광어(カンオ/ヒラメ)です。
ちなみに양식(ヤンシッ/養殖)だそう。
天然物は「자연산(チャヨンサン/自然産)」というそうです。
もちろん自然産のほうが高いです。

Dsc00935 右側は醤油+わさび、右はコチュジャン+お酢で作ったソースとのこと。
この店はわさびがえらい変な緑色でした。


これらをつけてそのまま食べてもいいし、サンチュやゴマの葉で巻いて食べたりします。

Dsc00937

サムジャン(辛くない味噌。焼肉食べるときにもつけるやつ)に刻みニンニクを混ぜたものをつけてサンチュで食べてもおいしいです。



これだけでも、いろんな味のバリエーションが楽しめます。

Dsc00936 これは生イカ。
ときどき動いてたので、さっきまで生きてたのをさばいたと思われます。
イカは醤油で食べるのが一番よかったです。

そして、今回もっとも気に入った食べ方。Dsc00939
Dsc00938 





右:산낙지(サンナッチ/生ダコ) → これも動いてました。
左:マグロ(赤いのも白いのも)

塩を入れたゴマ油をつけて、タコは刻んだ海苔を乗せて、マグロは板海苔で巻いて食べました。
これがおいしいんです。ちょっとハマりました。

いろんな食べ方を試すことができたし、考えもしなかった食べ方に目からうろこ。
もしかして、もっと違う食べ方もあるのかな?

この店は値段もちょっと高めで量も少なかったらしいので、今度はもっと量が多くておいしい店に連れて行ってもらおうと思います。

あと、私はマダコとミズダコの違いがイマイチわからなくて、どっちもひっくるめて単なる「タコ」としか認識してなかったんですが、韓国人は明確にミズダコ(문어/ムノ)とマダコ(낙지/ナッチ)を区別して(違うものと考えて)食べてるとのことです。

ネットで調べてみたけど、まだよくわからない…。
市場魚介類図鑑さんより → マダコ 、 ミズダコ
日本でもちゃんと区別して食べてるんでしょうか?
私が知らないだけなのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

야구이야기(ヤグイヤギ)

といっても、昨日のスロット(みたいなやつ)の仲間ではありません。
昨日映画を見たあとカフェにて友達のジュニから野球用語を韓国語でなんというのか教えてもらって、野球の話を2時間くらいしてました。

自分の復習のためにも紹介させていただきます。
基本的には日本と同じです。
漢字を韓国語読みにした言葉と、英語を韓国語読みにした言葉がほとんどですが、たまに韓国の固有語を使っている言葉もあってそれが面白かったです。
下の表で 青の文字 → 英語、 赤の文字 → 固有語 です。
黒の文字は漢字語です。

日本語 韓国語 備考
1回、2回… 일화,이회  
オモテ
ウラ
チェンジ 체인지  
     
本塁(ホーム) 본루(  
一塁(ファースト) 일루(퍼스트  
二塁(セカンド) 이루(세켄드  
三塁(サード) 삼루(서드  
     
投手(ピッチャー) 투수  
捕手(キャッチャー) 포수  
一塁手(ファースト) 일루수(퍼스트  
二塁手(セカンド) 이루수(세켄드  
三塁手(サード) 삼루수(서드  
遊撃手(ショート) 유격수(쇼트  
右翼手(ライト) 오른쪽야수(라이트 右側の野手
中堅手(センター) 중견수(센터 中堅手
左翼手(レフト) 왼쪽야수(레프트 左側の野手
     
打席 타석  
打率 타육  
打者 타자  
安打 안타  
一塁打 일루타  
二塁打 이루타  
三塁打 삼루타  
本塁打(ホームラン) 홈런  
走者 주자  
盗塁 도루  
満塁 만루  
     
ストライク 스트라이크  
ボール  
アウト 아옷  
四球(フォアボール) 볼넷,포볼 ボール×4
死球(デッドボール) 몸맞은볼,데드볼 体に当たったボール
三振 삼진  
フライ 플라이  
ゴロ 땅볼 地面を転がるボール
バント 번트  
ダブルプレー 더블플레이  

どうでしょうか?
見えにくい方はこちら(→「yagu.xls」をダウンロード)を見てください。一応カタカナで読み方も書いときました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

바다이야기(パダイヤギ)

今ニュースにしょっちゅう出てくる「바다이야기(パダイヤギ)」の意味がやっとわかりました・・・。

いつも朝テレビのニュースをつけて準備してるんですが、ここ2・3日ニュースで「パダイヤギ」「パダイヤギ」っていう言葉を耳にしていたんですが、準備しながら聞き流してるので、

「パダイヤギ」ってなによ!?状態でした。

今、テレビつけたら「パダイヤギ」の言葉と共に写真が映ってやっと理解。
パチンコみたいな、スロットみたいなやつでした。

今話題の、ノムタン大統領の甥っ子が関与してるとかいう、成人ゲーム(ギャンブル性高し)の名前が「바다이야기(海物語)」だったのでした。

ニュースにしょっちゅう登場するということは、かなり問題になってるということですね。
朝鮮日報の記事もご参照ください → こちら

あー、すっきりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

각설탕(角砂糖)

今日見てきました。

각설탕(カッソルタン/角砂糖) → 韓国HP
D320604 <あらすじ>
済州島の牧場で育ったシウン。
生まれたときからかわいがっている子馬のチョンドゥンが売られてしまい、離れ離れに。
競馬の騎手になったシウンは成長したチョンドゥンと再会し、共にレースに出場するが…。

はじめて韓国で韓国映画を見ました。もちろん字幕なし。
あらすじは問題なく理解できたし(ストーリーがわかりやすい映画だったため)、言葉もところどころ理解できました。
でも、やっぱり細かい部分はわからなくて、周りがなんで笑ってるのかわからないことが何度かありました。

映画の感想としては、競馬っていろんな規制・規則があるはずなのにこんなことしていいの?ってことがいろいろあったのですが、映画だから目をつぶることにして、素直に感動できる映画でした。
競馬のシーンも迫力があるし、スポ根の要素あり、ヒューマンドラマの要素もあって、ストーリーも悪くないと思いました。
イム・スジョンが主演ですが、他にもユ・オソンはじめ有名な俳優が助演しています。
それに「馬の演技がすごいねー」と、見終わった後友達と話しました。

D320605 子役の女の子もかわいかった。

平日の3時なのに、けっこうお客さん入ってました。
8割席が埋まってたと思う。
ネットでも評価がよかったし、人気がある映画のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

国立中央博物館

短期で留学中のmaiちゃんと行ってきました。
場所は4号線の二村(이촌/イチョン)駅です。

Dsc00898 とにかくデカイです。
入場料は2,000ウォン。めちゃ安。
これが入口。
かなり混んでました。



入場する列に並んでいると、

「チケットは自分でちぎって渡してください」

というアナウンス(拡声器にて)が。

「え?ちぎるの?ちぎっていいの?」

前のアジョッシを見ると、もうちぎってる。
自分でちぎってみた。
係のお姉さんは普通に(それがあたりまえのように)受け取り。
なんじゃー、こんなのはじめてじゃー。

ここも子供連れがかなり多かったです。
観光客はあまりいないみたいでした。

ここも写真撮ってる人が・・・と思ってたら、「フラッシュ禁止」の文字が。
てことは、写真はOKみたい。
フラッシュたいてる人もけっこういました(おいおい…)が、展示物によくないのもそうだけど、フラッシュたくとガラスに反射してきれいに写らないと思います。

OKということで、私も写真撮らせていただきました。
昨日の博物館は写真に撮りたいと思うものはなかったのですが、今日の中央博物館は撮っておきたいもの満載でした。

Dsc00900 先史時代からずーっと見ていったのですが、これを見たときは感動。
百済の香炉です。
ドラマ「서동요(ソドンヨ)」に出てくるやつ!!
思ったよりもずっと大きかったし、すごく精巧なつくり。
百済の文化がいかに高かったかを物語る逸品です。
他にも百済のものは好きなものが多かったです。

博物館はとにかく広いし、展示物も多いので半日ではとてもひとつひとつをじっくりと見れません。
今日は考古館、歴史館、美術館Ⅰ、寄贈館、美術館Ⅱ、アジア館のうち、考古館(じっくり・要1時間)、歴史館(通り過ぎただけ)、美術館Ⅰ(そこそこ)、美術館Ⅱ(まあまあしっかり)見ました。
これでも3時間かかりました。
この博物館はいたるところに休憩所があって、進むにつれて休んでいる人の数が増えて、休んでいる人の顔もおつかれ気味に。
私たちも2回ほど休憩しながら回りました。

ここは私的に満足です。途中あんまり興味がない部分は飛ばしましたが、じっくり見たいものがたくさんありました。
美大生のmaiちゃんがいろいろと解説してくれたのもすごく面白かったです。
実際に製作してる人の視線での話をしてくれて、それが私にはとても新鮮で興味深かったです。
maiちゃん、ありがとう。

ただ、やっぱり気になったのは見ている人のマナー。
フラッシュもそうですが、「立ち入り禁止」の所に平気で座ったり、ガラスにさわる、ガラスを台にしてメモをする、などなど。
子供のうちから博物館に親しむのはとてもいいことですが、そのときに博物館でのマナーを学ぶのも大事なことです。
まあ、大人のマナーがなってないのに、子供にマナーを求めるのは無理な話でしょうけど…。
それとも、日本の博物館が(韓国に比べて)堅苦しいだけで、日本以外の博物館はこんな感じなのでしょうか? 日本での常識で考えて変だと思ってるほうがおかしいのかな?
日本、韓国以外の美術館・博物館へ行かれた方、どうでしたか?



※ちょっとお知らせ
ブログの記事で紹介できなかった写真をアルバムでアップすることにしました。
右サイドバーの下の方にあります(「2006年7月」「2006年8月」ってやつです)ので、よければご覧下さい。
写真は順次増やしていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ぶらり、てくてく。(2)

博物館の中は混んでてうるさかったです。
そしてちょっとびっくりしたのが、みんなフツーに写真撮ってること。
博物館・美術館では基本、写真NGじゃないすか?

「こんなとこの前で記念写真ッー!?」って言いたくなる展示物(何かは忘れたけど)の前でピースとかしてるの。

なんか混んでるし、うるさいし、だんだん疲れてきました。
音声案内も別に聞かなくても展示物見ればわかる程度のことだったし、後半は駆け足で見ました。そんなにじっくり見たい物もなかったし。
あ、別にこの博物館が悪いとかではないんですけど、私的に「ほー、なるほど。すごいなあ」という感動を覚えることができなかったという話です。

博物館を出て、景福宮の中を通って光化門駅まで歩きました。
Dsc00888 ほんとに気持ちいい天気だったので、空の写真を撮りたくなりました。
景福宮は正面にビル、背中には山があっておもしろいなーと思いました。


Dsc00890Dsc00892







光化門駅へ行く途中に通った建物。
Dsc00894 ここって、よくドラマに出てくる劇場じゃないでしょうか。
情報求ム。



光化門駅で大型書店「教保文庫」へ。
ここも予想以上に混んでました。
そして、みんな立ち読みしてたり、本棚の間に座り込んで本を読んでたり、想像を絶する光景でした。
普通にジュース飲みながら読んでるし。(売店が本屋の中にあるのでいいのかも)
日本ではちょっと考えられないのでびっくりしました。
あまりに混んでて疲れました。

光化門駅から地下鉄で帰ってきました。
今日はかなり歩きました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ぶらり、てくてく。(1)

ここ数日、日本にいる台風のせいか涼しいです。
天気もいいし風が気持ちよくて、ちょっと秋っぽい感じの日が続いてます。

今日は別段予定がなかったのですが、1日部屋にいるのもよくないと思ってぶらりと出かけてみました。
まず、地下鉄で鍾閣駅まで行って仁寺洞へ。
今日のお目当てはスジェビです。

インサドンスジェビ(→ソウルナビ
「地球の歩き方」には「ハンアリスジェビ」という名前で載ってますが、変更されたみたいで、看板も「인사동수제비」になってました。

Dsc00872 店内は民芸調で落ち着いた感じでした。
普通のスジェビ(韓国風すいとん)を注文。キムチは甕から食べたい量を小皿に取って食べます。
ひょうたんを半分に切ったひしゃくがいい感じです。

写真ではスジェビがちょっと小さく見えますが、かなりのボリュームです。でもモチモチてておいしいので完食しちゃいました。
モチモチ食品好きとしてはたまらないモチモチ感です。
ダシはスープにも入っていた牡蠣と昆布だと思われます。まろやか風味。
スープはそのままでも十分おいしいですが、もうちょっとパンチが欲しい方は唐辛子入りの醤油が置いてあるのでそれを入れてみてください。
私も少し入れてみましたげまた違う味わいで、入れてもおいしかったです。

ここは店員さんの感じもよいし、ひとりでも入りやすい雰囲気だし(ひとりで食べてる人が他にいたし)、おすすめです。
スジェビは4,000ウォン。他にもパジョンやドンドン酒がおいしいみたいなので、夜に大人数で行っても楽しそう。

おなかがふくれた後は、仁寺洞を安国駅方面へ抜けて、景福宮の中にある「国立民族博物館(→ソウルナビ)」へ。
景福宮の入場料(3,000ウォン)で博物館も見れます。
今日は土曜日なので韓国人の親子連れも多かったし、日本人・中国人の観光ツアー客も多くて混んでました。そしてけっこう騒がしかったです。

Dsc00881 正面の写真。





入ってすぐの案内所で日本語パンフレットを手に取った私に案内係のアジョッシ(おじさん)が・・・

「それ、日本語ですよ。韓国語はこっちです」

と、韓国語で言ってくるではないですか。
「え、日本語でええやん」と思ってわけわからん顔をしていたら、また同じことを言ってきた。

「私は日本人です」

と言ったら「ああー」って顔をしておられました。
時々韓国人に間違えられますが、ここまでモロに間違えられるとは。

後で館内の音声案内機(1,000ウォンで借りれる)を借りたのですが、その時もこのアジョッシが、

「ひとつでいいんですか?」

と聞いてきた。(今度は日本語で)

け「はい、ひとりで来たんで」

ア「でも、さっき子供を連れてたじゃないですか」

け「いえ、ひとりです」

ア(納得いかない表情)

そこには子供がたくさんうろちょろしてたけど、私が子供と連れ立って来たと思われるような行動は一切してないんだけど・・・。(たとえば、子供に声かけたとか)

もしかして、子供の霊かなんかがついてるとか・・・?(汗)
あー、意味わからん。

とりあえず、音声案内機をセットして博物館へ。

(2)へつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

素敵な・・・

Dsc00789 はむちゃんと呼ばれる女として、
買ってはいてみるべきだったでしょうか・・・?

写真撮ったときはバカにしてたけど、改めて写真見てみたらなんかかわいいんですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

地下鉄の表示

ネタがないので、最近気になったことを。

ソウルの地下鉄は、3種類の表示がしてあります。

 ①ハングル
 ②英語
 ③漢字

たとえば、私の住む新村の場合だと、

 신촌
 Sinchon
 新村

って具合になってるので、私はずっと、

① → 韓国人向け
② → 英語わかる人向け
③ → 日本人、中国人向け

だと思ってたんです。

ところが、ある駅に行って自分の考えが甘かったことに気づく。

Dsc00792 6号線
ワールドカップ競技場駅






①월드컵경기장    → 韓国人向け
②World Cup Stadium → 英語わかる人向け
③월드켭競技場   → ???

③も結局ハングルじゃ、中国人も日本人もわからないですけど??
②もあるからわかるとは思うけど、③の存在意義、なくない?

結局、③の表示は日本人のためでも中国人のためでもなかったってことなんでしょうか・・・

ちなみに、この駅には有名(?)なトイレがあります。
Dsc00793 どっかで見たことありませんか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

Nソウルタワー

土曜日の夜、Eオンニと共にNソウルタワー(→ソウルナビ)へ行ってきました。
昨年末にリニューアルされて「N」ソウルタワーになったらしい。

忠武路駅からバスで行ったのですが、土曜日の夕方で道が混んでました。
「けっこう時間かかりそう・・・」と思っていたら運転手のアジョッシが・・・
中央のゼブラゾーンを走り出したよ!!
そいでかなり進んでから、ちょっとあった隙間に横入りしたよ。
私は「もしかして、あのゼブラゾーンはバス専用車線なのかも」という錯覚に陥ってしまいました。
なので、思ったより早くソウルタワー下まで到着。

「ソウルタワー下まで到着」と書きましたが、ここからけっこうな坂道を登らないとソウルタワーの入口まではたどりつきません。
この前行ったときもケーブルカー降り場からもけっこうな階段を登ったし、どの交通手段を使ってもかなり過酷です。お年寄りや体の不自由な人はは来るなってことなんでしょうか・・・。

あと気になったのが、ソウルタワーの高さ。
世界の有名なタワーとの比較図がパンフレットに載っているのですが・・・

「世界のタワー」(パンフレットより)
・フェルンゼータワー(ドイツ・ベルリン) 368M
・バルセロナタワー(スペイン) 288M
・CNタワー(カナダ・トロント)   553M
・ラテンアメリカタワー(メキシコシティ) 181M
・エッフェル塔(フランス・パリ)  320M
・ブラックプールタワー(イギリス) 158M
・Nソウルタワー(大韓民国) 479M
・東方明珠タワー(中国・上海)  468M
・リアルトタワー(オーストラリア・メルボルン) 252M
・カンクンタワー(メキシコ) 200M

という内容が各タワーのシルエットと共に紹介されてます。で、
・Nソウルタワー(大韓民国) 479M
と明記してありますが、ちょっとズルしてます。
タワー自体の高さは236Mです。
残りの243Mはソウルタワーが乗っかっている山の高さです。
一応よく見たら、「山の高さとタワーの高さを足して」っていうのがわかるようにはなってるんですけど、他のタワー達は平地の上に立ってる絵になってるんですよね。
なんだかなあ。
東京タワーが紹介されてないのも気になるところ。(HPでは紹介されてるけど→こちら
333Mよりも低いタワーも紹介されているというのに。
よくわからん。

前置きが長くなりましたが、夜景はすごくきれいでした。Dsc00822
Dsc00815 





土曜の夜なのでかなり混んでました。
展望台に上がるエレベーターも「30分待ち」と言われました。
チケットに書かれている番号が表示されたらエレベーターに乗れます。
下りのエレベーターは単純に並ばないといけませんでした。
痛いカップルもたくさんいたので、待ち時間にじっくりウォッチングさせていただきました。

パンフレットにも載っている自慢のトイレにも行ってみました。Dsc00831 Dsc00832
こちらの化粧台の近くで写真を撮ると、ライトの加減で美人(?)に写ります。お試しください。

展望台のフロアにあるおしゃれな記念品ショップでこんなものを発見。
Dsc00826 なぜ。。。ここで。。。そして今。。。?





ちなみにNソウルタワーのグッズはかわいいです。お土産におすすめです。展望台に登らなくても1階にもショップがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

NANTAを見てきた

学校の課外授業で「NANTA」を見てきました。
授業はいつもより早く終わって、クラスのみんなと市バスに乗って行きました。

Dsc00844セリフはほとんどなくて、あっても謎の言語(なんか文句いってるなーとか、ケンカしてるなーとかわかる)でした。
客席から何人か舞台に上げられたり、リズムを取ったり歓声や手拍子、拍手を求められたりと、観客参加型のミュージカルでした。

おもしろかったはずなのに、私はちょっと寝てしまいました。
たぶん、最近の傾向から分析して、
・薄暗い場所
・心地よいリズム
という条件がそろうと眠くなってしまうみたいです。
なんとももったいない。

NANTAを見た帰りに市庁前を通ったら、ネットでうわさになっているものを実際に見ることになりました。
Dsc00850写真では見ていたのですが(→朝鮮日報)、実際に見たらかなり迫力あってびびりました。
ちょっと近づきがたい雰囲気。

さっき朝鮮日報で確認したら、夜は光るらしい(提灯でできている)。(→こちら
こういうの作る発想がすごいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

麻浦でカルビ

63ビルからタクシーで麻浦(マポ)へ。
麻浦はテジカルビ(豚のカルビ)で有名なところです。

ミンギョンとホンミン君おすすめの店へ連れて行ってもらいました。
Dsc007161 お店の看板はこれなんですけどー、
はっきりした場所がわかりません。
5号線の孔徳駅の何番出口上がってすぐ、っていうのは覚えてるんですが、肝心の「何番」なのかがよくわかりません。
テレビでもよく紹介されてるようで、そのときの映像が看板下に。

ここでデジカルビとコッテギを食べました。
コッテギとは、豚の皮。コラーゲンたっぷりでお肌にもいいし、食感が病み付きになります。お酒のつまみにも最適。

お肉を食べて、お酒を飲んで、いろいろな話をしました。
母上たちは、ミンギョンとホンミン君がとても礼儀正しくて気配り上手なことに感心。
チャメ(韓国の瓜)の話が出たときに、「日本にも昔はあったけど、プリンスメロンが出回りだしてから見なくなった」というのを聞いて、ホンミン君がすぐにチャメを買ってきてくれてびっくり、そして感激してました。いただいたチャメはホテルでおいしく食べました。
そして目上の人の前でお酒を飲むときは横を向く、タバコは(目上の人の前では吸えないので)外に行って吸う、など韓国人の習慣も目の当たりにできておもしろかったと言っておりました。
ふたりのことがすっかりみんな気に入ったし、ふたりも私の家族を「素敵な人たち」と思ってくれたそうで、とてもうれしいです。
雨が降って大変だったけど、ふたりのおかげで楽しく貴重な体験をさせてもらえたので本当に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雨での観光

伝統茶院を出たころから少しずつ雨が降り始めました。
この時はまだそんなに強い雨ではなかったので、昌徳宮(チャンドックン/창덕궁)へ行ってチケットを買って次のガイドの時間を待っていました。(→ソウルナビ
Dsc007051そしたらだんだん雨が強くなってきました。
とりあえず、日本語のガイドまでだとかなり待たないといけないので、韓国語のガイドについていくことにして出発。でも、かなりの大雨(豪雨といってもいいくらい)で、途中でやめて引き返してきました。残念です。
Dsc007141仕方ないので、雨でも見学できそうなところを考えてヨ汝矣島(ヨイド/여의도)の63ビルにタクシーで行きました。
2組に分かれて乗ったのですが、私と母、ホンミン君が乗ったタクシーの運転手はたいして親切じゃなかったようで、思いっきり水たまり(膝の高さまで水たまってた)のところで降りろと言う。普通に舗装された道路に膝の高さまでの水たまりができるのもすごいと思うけど、ここで降りろと言う運転手に母上はかなりご立腹でした。しかも、ビルの正面で降ろしてくれるのかと思いきや、そこからかなり歩いたし・・・。
一方、おばさん夫婦とミンギョンの運転手さんは親切な方で、降りやすいところで降ろしてくれたらしい。

ビルの前も中も大雨ですごいことになってました。大慌てで土嚢を運んでいたり、ビルの中は雨漏りがしていたり・・・。
前回の大雨のときも思いましたが、大雨が降ったときのことを想定してビルや街を作ってないんだなーと。一度被害を受けて「大変だった」と思ったら、次に備えて対策を考えると思うのですが、そういうこともないのだろうか。
うちおばさんが「あんな立派なビルが雨漏りするんやな」と言ってましたが、見た目はかなり立派なのに、細かいところ(でも大事なところ。雨漏りしないなんて基本だと思う)は手を抜いているんでしょうか。
日本とはこういう部分が違うんだなーと実感した次第です。

展望台に登るチケットを買ったときに、6人分で42,000ウォンと言われてちょうど渡したのですが、なぜかチケットと一緒に42,000ウォンがそのまま返ってきました。
これはいまだにわからないけど、ま、得したということで黙っておきました。
展望台からは大雨でまったく何も見えませんでした。
「雨だから」と思ってきたのに、思いっきり失敗でした。
でも、韓国の大雨での顛末が見れたので、普通の観光よりも生活とか裏側とかを見たがる母上にはよかったのではないかと思うことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仁寺洞で

次は仁寺洞(インサドン)へ行きました。
まずはお昼ご飯。
ミンギョンが連れて行ってくれたのは、テンジャンビビンバのお店「テンマルチッ(툇마루집)」。後から調べたら「地球の歩き方」にも載ってたし、ソウルナビでも紹介(→こちら)されてました。

お店に入ると、ほとんど地元の人と思われる韓国人でいっぱい。
韓国人で混んでいるお店だと、「ほんとにおいしいんやろうなー」と期待がふくらみます。

注文したらすぐにつけあわせのおかずが出てきて、麦ご飯が入ったどんぶり、テンジャン(韓国味噌)の入ったどんぶり、野菜がたっぷり乗ったザルが出てきました。

Dsc006971 テンジャンには豆腐も入っていて、見た目麻婆豆腐っぽいです。
ご飯の上に野菜、テンジャンを入れてかき混ぜて食べます。

お好みで海苔も入れます。私は入れた方が好きでした。

母上たちもこの味に大満足で、「帰ってから作ってみようか」とかいろいろ話してました。
1人前5,000ウォン。仁寺洞に行ったらまた食べに行きたいです。

昼ご飯を食べた後、仁寺洞で陶磁器を見て(おばさんのリクエスト)、伝統茶を飲んで一休みしました。

私が旅行で来たときにもよく行っていた「伝統茶院」(→ソウルナビ)にて。Dsc007021
Dsc007001






この後ミンギョンの彼氏・ホンミン君と合流して、次の観光スポット昌徳宮(チャンドックン)へ向かったのですが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南山ゴル韓屋村

オモニ訪韓記第2弾です。
7月28日、朝は雨が小降りでした。
Dsc006601Dsc006611Dsc006571_1Dsc006591朝ごはんはソウルロイヤルホテルの真正面にある、「Congee House」(→ソウルナビのページ)でお粥を食べました。

この日はミンギョンが案内してくれるということで、11時にミリオレ前で集合。
最初に行ったのが「南山ゴル韓屋村(ナムサンゴルハノクマウル/남산골한옥마을)です。
韓国式庭園の中に、旧王族・貴族の住んでいた伝統家屋が移築されています。(→ソウルナビDsc006861
Dsc006631 



  Dsc006691_1Dsc006701Dsc006741Dsc006761

家具や生活用品も展示してあるので、
当時の生活をかいま見ることができます。


この時は傘がいらない程度の霧雨だったため、ゆっくり見ることができました。
周りは公園になっているので、散歩にももってこいです。
しかも、無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

大型映画館

前項の「ゆれる」はワールドカップ競技場にあるCGVという大型映画館で見ました。
ミンギョンが調べて予約してくれてましたが、別にそんなに混んでませんでした。

Dsc00803 中はこんな感じ。
切符を買うときは、機械で番号札を取って番号が表示されたら窓口へ行きます。

学生証を見せたので料金は7,000ウォンでした。
たぶん普通だと8,000ウォン。

パンフレットは売ってません。

Dsc00802_1 私がトイレに行ってる間にミンギョンがジュースとおやつを買ってくれてました。
コーラはふたりでひとつでかなりでかい。(写真ではわかりにくいけど)
フタにはストロー刺す穴がふたつあいてます。
基本ふたり用なはずなんですが、映画館内でひとつのジュースを4人でシェアする4人組女子を見ました。ひとつの穴にストローふたつ×2にしてました。別に同じストロー使ってもいいと思うのですが。

映画館内は日本と同じと思いきや、上映時間前から予告とか宣伝が流れていて、切符に書いてある時間になってからは少し予告が流れたのと、チャン・ドンゴンが「撮影禁止です。携帯は切ってくださいね」みたいなお願いで登場(カメラの宣伝を兼ねてました)して、そして本編上映という流れで、日本みたいに上映開始から10分くらいは予告と宣伝というわけではありませんでした。
映画のエンドロールが流れ出してすぐに明るくなってみんな帰りだすのも日本と違う。
あと、ここは上から入って、上映が終わったら下の出口から出るというシステムになってました。

明日は新村の映画館で「ゲド戦記」を見る予定なので、そこもチェックしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト終わったので

聞き取りと書くテストも無事終わりました。
書くテストのヤマは見事にはずれました。(1コだけあたった)
ま、終わったことはしょうがないので、ここまで。

テストが終わってから、愛するあのお方に会ってきました。

F051001 韓国版チラシ。

かなり面白かったです。
心理劇といったらいいのか、主人公の心の変化と周りの状況の変化をハラハラしながら見ました。

オダギリはもちろん、兄役の香川照之はやっぱり上手い。
他にも存在感のある役者さんが脇を固めています。

「ゆれる」公式HP→こちら

韓国での題も「유레루(ゆれる)」でそのままなのがおもしろいなーと思いました。
韓国語ではたぶん「흐들리다(フドゥリダ)」になるんだと思うんですけど。

あと、映画を見てて「やっぱり字幕には限界がある」ってことを改めて思いました。
「字幕にするとそうなっちゃうの?」って部分がけっこうありました。
日本語→韓国語字幕の場合がそうなら、韓国語→日本語字幕、英語→日本語字幕だってそうなはず。もちろん、「まさしくそのとおり」っていう翻訳もあるわけですが。
文化的バックボーンがないと理解できない細かい部分もあるし、そこらへんは仕方ないけどもどかしいというか。

せめて韓国映画を見て、完璧にはわからないまでも見終わった後、「あれってさー、どういう意味?」とか韓国人の友達に聞いて説明してもらって、「あー、そうなんだ」ってわかるくらいに上達したいと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

明日もテストなんですよ

今日のテスト(会話、音読、文法、文章読解)は無事(?)終了しました。

いまいちテストのシステムがわからなくて最初緊張しました。
会話以外のテストは大講堂っぽいところで全クラス一斉に受けて、指定された時間が来たら席を立って先生が待っている教室へ行って会話のテストを受けます。
会話のテストが終わったらまた元の席で続きをやります。
会話のテストは自分が1番目とは聞いていたけど、何時に行ったらいいのかテストが開始されてもわからず、

「このままわからなくて会話のテスト受けれなかったらどうしよう・・・」

という不安を抱えたまま20分くらい問題を解いていました。
途中で先生が指定の時間を書いた紙を渡してきて解決。

会話のテストの最初に、

「テストどうですか?」と聞かれたので、

「全部終わりました」と答えたら先生が、

「え?全部??」と驚いていました。

最初は文章を読むテスト。
昨日ひととおり教科書を読んでミンギョンに聞いてもらったのに、まったく読んだことのない部分(テスト範囲って言われてなかったところ)が当たってしまったのでかなりゆっくり読みました。

次は先生と対話のテスト。
私が当たったのは「冷蔵庫を電話で注文する」というもの。
先生が注文する人で、私が百貨店の店員、というシチュエーション。
これは、まあまあできた。

次は韓国の夏の天気について話せと言われる。
教科書に載ってたことを思い出しながら話しました。

あと、携帯の機能について話せと言われる。
1.通話ができる
2.メールができる
3.時間がわかる
これじゃ、なんか物足りないので、
4.ゲームができる
を付け加えてみました。
今私が韓国で使ってる携帯ではできないけど。

会話のテストは以上。
緊張してたし、思っていた以上にできなかったのに、

「上手でした。けおるんさんの会話は大丈夫です」

と言われて、いまいち納得がいかないけど、大丈夫と思うことに。

筆記のテストは終わったけど、一応元の教室に戻って見直すことに。
そしたら、みんな手を挙げてるので私も挙げてみたら、

・・・問題の続きをもらいました。

あ、それで先生がびっくりしてたのね。
思いっきり大ボラふいてしまいましたわ。

筆記のテストが終わって、会話も済んだ人から帰っていいので、
11時過ぎには帰れました。

そして明日もテスト。
明日は聞き取りと書くテスト。
書くテストは「~について書きなさい」と白紙が渡されてひたすら
文章を書かされるとのことなので、ヤマを張って文章を作って、
それを現在暗記中・・・。

と、書いたけど、今「フルハウス」の再放送やってるのを思い出してしまったので、今から見まーす!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

明日テストなんですよ

Dsc00791 明日とあさって中間試験があるんスよ。

「読む・話す・聞く・書く」全部のテストがあるんですよ。
明日は「読む(本を音読)」と「話す」のテスト。

先生と一対一で質問されます。
順番に部屋に行くんですけど、私が1番目みたいだし。
あー、心配だ。心配だ。

100点満点の70点が合格ラインらしい。高くない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

梨大で買った

梨大(イデ/이대)は安い洋服やら靴やらアクセサリーやらのお店が密集してます。
現在夏のセール期間のようで、お買い得品もたくさん。
けっこう派手目なものが多いけど、日本人のセンスに合うものも上手に探せばあります。

昨日もぶらぶらしてまして、よさげなものが見つかったので買いました。

その1。
Dsc00778

ネックレス(목걸이/モッコリ)

これ、900ウォンでした。
9,000ウォンじゃなくて900ウォンです。
100円くらい?
バロックパール風(プラスティック製なので)です。



その2。
Dsc00779 サンダル。
私の汚い足と一緒にどうぞ。

これは15,000ウォンでした。
サイズもぴったりだったので購入。





Tシャツなんかは1枚5,000ウォンくらいからあります。
キャミソールは2枚5,000ウォンもあるし。
なので、3万ウォンの洋服でさえ「たけえよ!」と思うように。。。
ただ、やっぱり品質とかデザインがいい洋服は高かったりします。

Dsc00776Dsc00777
 




夜見たら、梨花女子大学の正門近くの歩道が光ってました。
昨日まで知らなかったー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

innisfreeのコスメ

ちょっと油断したすきに日焼けしてしまたのが気になってきて、「何か美白アイテムを投入しないと!」と思うようになったのと、日本で悩まされてたアレルギーの症状が韓国に来てからすっかりよくなって「今使ってる以外のコスメでも大丈夫かな」と思えるようになったので、韓国コスメを買うことに。

今は低価格のコスメショップがたくさんあって、あちこちチェックしてみたのですが、今気に入ってるのが「innisfree(イニスフリー/이니스프리)」です。→innisfreeHP

ここのコスメは香りがラベンダーとかハーブ系のニオイなのがいい。
店員さんも丁寧に商品の説明(韓国語だから半分くらいしかわからないけど)してくれるし、棚に貼ってある商品名には「美白ローション」など日本語も併記されているので旅行で来た人も買いやすいと思う。

そして、買ったときのおまけが多いのも気分がいい。
Dsc00763
おとつい写真奥右の美白エッセンスを買った(奥左はその箱)のですが、残りは全部おまけ。


おまけのクレンジングクリームをつかってみたけど、これもニオイが自然で使い心地もよかったです。

そしてこのお店はメンバーズカードがあって、「作りますか?」と言われて用紙を出されたので記入したら私も作れました。
ポイントが貯まったらどうなるのかはまだわからないけど。
案内を解読しないと。

他のショップのものでは、「SKIN FOOD」は全体的にあまったるいニオイがします。私はちょっと苦手。
でも、甘いニオイがしないライムのボディオイルを買ってみた。
部屋で使ってみたら、ちょっと車の芳香剤っぽいニオイ??
そんなに気にならない程度だけど。
SKINFOODでボディオイル買ったときのおまけがショボかったので、ここではもう買わないかもしれん。(支店によって違うのかもしれないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェにて

昨日はトトロハウスのパーティで知り合ったヒョンジンオンニと食事をして、カフェに行ってきました。

食事はポッサム(보쌈)。
ゆでた豚とキムチを一緒に食べる料理です。
新村にある「ウォンハルモニボッサム(원할머니보쌈)」にて。
このお店は有名なチェーン店であちこちに支店があるそうです。
韓国ウォンハルモニボッサムHP
ソウルナビ

ポッサムは私も好きな料理のひとつで、普段はあんまりキムチは食べないのですがポッサムのときはいっぱい食べてしまいます。
6時半くらいにお店に入って、8時くらいまでいたのですが、気づいたらお店は満席。
人気があるお店でした。

ポッサムもおいしくて大満足だったのですが、その後のカフェも楽しかった。

ポッサムの店に行く途中でオンニが懐かしい友達に偶然会って、たぶんそのとき「ここで今働いてる」みたいな話をしてたみたいで、そのお店に行きました。

全席ふかふかのソファーで、カップル席は人からまったく見えないようになってました。
メニューもコーヒーから紅茶、フルーツジュースとかいろいろ。
オンニはアイスコーヒー、私はアイスティー(例の桃味)を注文。

そしたら、ケーキまで出てきました。
Dsc00764 このお店は飲み物を注文したらケーキがサービスらしいですが、たぶん普通はひとり1コなんだと思います。
ふたりに4つも出してくれました。


そして、全部おいしかった!!
甘さもちょうどいいし、日本のケーキとそう変わらない。
白いケーキはチーズ味のクリームに、コーヒー味のスポンジがはさんであって新鮮な味でした。

しばらくして、オンニのお友達(日本語上手)に「パッピンスも食べますか?」と聞かれたので、カロリーオーバーとは思いつつ「食べます」と言ってしまいました。

Dsc00766 そして登場したパッピンス。
なんか犬?っぽい顔になっててかわいいでしょ。



オンニいわく、「これがほんとのよくあるパッピンス」とのこと。
もちろん、韓国式にぐちゃぐちゃにして食べました。
こぼれないように食べるのがちょっと難しい。

アイス→あずき(これが「パッ(팥)」)→お餅→バナナ→キウィ→氷(これが「ピンス(빙수)」)

これもおいしいー。フルーツがたくさん入ってたし、オンニおすすめのお餅もおいしかった。

ポッサムはオンニがごちそうしてくれたので、「ここは私が出しますねー」と言ってカウンターへ行ったら、

「(お会計は)ないですよ」

って言われたんですよ。びっくり。

オンニも最初、「え、いいのー?」って言いましたが、いいと言われたので、「じゃあ、次に来るときにけおるんが何かおいしいものを持ってこればいいね」って。
オンニが電話番号を教えてくれて、「ごちそうさまってメールしときなさい」って言われたのでお礼のメールを送っておきました。
今度行くときはほんとに何かおいしいものを持っていかないと!

韓国で「友達の働いてる店に行ったらすごくサービスしてもらった」とかいう話は聞いたことあったのですが、自分がその場面に出会うとは。
びっくり、でもうれしい出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

オモニ訪韓1日目

7月27日から30日まで母とおば夫婦がソウルへ来ました。

乙支路入口から徒歩5分のソウルロイヤルホテルでお出迎え。
時間がはっきりわからなかったし、大雨だったのですることもなかったので5時ごろからホテルのフロント前で待ってました。

Dsc00652 ホテル行く前にロッテヤングプラザのアイスベリにて。
すごい雨で、先行きが不安・・・



7時前にご一行が到着。
荷物を置いた後、食事へ。
Dsc00653 ガイドブックにも載ってる「古宮(고궁/コグン)」へ。
ソウルナビのページ

全州ビビンバで有名なお店です。


全州ビビンバ、ユッケビビンバ、海鮮チヂミとピンデット、チャプチェを注文。

肝心のビビンバを撮るの忘れました。
これはメインの料理が来る前の無料のおかずのみの写真。
全部丁寧に作ってあって、盛り付けも上品。
味も上品でした。

ご飯を食べた後、ヒュレストスパでチムジルバンとお風呂に入ってホテルまで見送り。
初めてのチムジルバンがお気に召したご様子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

おすすめドリンク

最近気に入って飲んでるのが、これです。
Dsc00762미초(ミチョ)

味は右がざくろ、左が梅です。
あと、りんご味もありましたがまだ試してません。

どっちもおいしいけど、梅のほうが若干飲みやすいかな?

気に入ってる理由は果実発酵酢100%らしいから。
お酢だけど、つーんとはこなくて飲みやすいしおいしいので、
韓国に来たら一度ためしてみてください。

左の瓶はコンビニで1,000ウォン、右のペットボトルはスーパーで1,250ウォンでした。

ちなみにソン・ヘギョが宣伝してて、なかなか面白いCMになってます。
こちらのサイトでCMの画像が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャンプー買った

パンテーンとか日本でもあるシャンプーも売ってるのですが、韓国ブランドの「Elastine」を買ってみました。
チョン・ジヒョンが宣伝してます→ElastinのHP

スーパーで単品で売ってるのをみると1本7,000ウォンくらいするので、セットになってるのを探したのですが、4本セットになってるのとか量があまりにも多いので買うのを躊躇してました。
今回、2本セットになってるのを発見して、大特価になってたし喜んで買ってきました。

Dsc00759

こんな感じ。

でも、お風呂場で2本をよーく見たら・・・

両方ともシャンプー





シャンプーとリンスのセットだと思ってた私がバカなんでしょうか??
日本だと当然のようにシャンプーとリンスのセットじゃない??Dsc00760
パッケージをよーく見ると、

「샴푸600g + 샴푸600g」
(샴푸=シャンプー)



しっかり確認しなかった私が悪かったのか??

今日スーパーのシャンプー売り場でチェックしてみたところ、
4本入りは

シャンプー3本 + リンス1本でした。

私的にはリンスが多い方がありがたいのですが。
日本なら、シャンプー1本、リンス1本、トリートメント1本とか入ってるでしょ?

なんで、シャンプーが多いの???
誰か教えてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

お久しぶりです

先週1週間(7月22日~30日)学校が休みで、まあちょっとした夏休みでした。

後半の27日~30日(木~日)で母親とおば夫婦がソウルに来ていて、毎日新村から乙支路入口(ウルチロイプク)にあるホテルまで迎えに行って、一緒にソウルを回ってました。
「夜遅く下宿に帰るのは心配だからホテルで寝ろ」と言われ、下宿に帰れなかった日もあり、ブログの更新してませんでしたが、元気にしてます。

そして、一緒に来て案内してくれたミンギョンとミンギョンの彼氏に心からお礼を言いたいです。
大雨で思ったように観光はできませんでしたが、ふたりのおかげで母たちはすごく楽しく過ごすことができ、とても喜んでました。
また、「いい友達ができてよかった」と安心してもらえたのもうれしかったです。

ソウル観光についてはぼちぼちアップしたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »