« 巨人戦 | トップページ | 水原へ行ってきた。        その2・水原華城 »

2006年7月 9日 (日)

水原へ行ってきた。         その1・民族村

水原(スウォン)に行ってきました。
新村からは、

地下鉄2号線・新村駅 → 新道林(シンドリム)駅 
  → KORAIL京釜線に乗り換え → 水原駅

だいたい1時間半かからないくらい。
水原駅ではじめて会うメル友と待ち合わせて、案内してもらいました。

まず、民族村。
水原駅のすぐそばにある観光案内所横から無料シャトルバスが出ていて、それに乗って約30分Dsc00469

Dsc00472Dsc00477
 


こんな感じで昔にタイムスリップしたみたい。

Dsc00473Dsc00495Dsc00482   



動物もたくさんいて、においも田舎のにおいがします。

昔の生活を実演してる人もいます。
Dsc00483_2






このおばあさんは蚕の繭から糸を紡いでいるところ。
日本語が上手で、丁寧に説明してくれました。

Dsc00480_2

飴売りのおじさん。





はさみをガチャガチャいわせて、宣伝文句を言っています。
実際に2,000ウォンで販売中。おいしかった。

Dsc00484_1

伝統茶が飲める茶屋?もたくさんあります。




伝統的な遊びや行事の実演も1日2回あります。
Dsc00509_1 板飛び。






Dsc00512 馬上武芸。






Dsc00518 伝統婚礼。






昨日は綱渡りの公演がなくて残念でした。

市場(ジャント)では食堂があって、ここがなかなかいい感じでした。
食券を買って→料理によってカウンターが違うので、そこにそれぞれ取りに行きます。
フードコート形式。Dsc00506
Dsc00504 



普段食堂で食べるのと、少し違った感じ(昔風?)の料理もありました。
キムパプはごまを混ぜた一口大のご飯が海苔で包まれてた。
そして、「民族村のドンドン酒(マッコリ)がすごくおいしい」というのを聞いたことがあったので、注文してみたのですが、普通のマッコリと違う。
普通のマッコリは色が白く濁ってるのですが、ここのは酢っぽい色で澄んでいました。
友達も「なんか変」と言って、係の人に聞いてみてくれたのですが、

「ここのドンドン酒はこれなんです」

とのこと。いつも飲むマッコリのほうがおいしくて、ほとんど飲みませんでした。

Dsc00499_2 

こんな感じの屋根つきの場所がたくさんあって、疲れたら靴を脱いで上がって、座ったり寝転んだりして休んでもOK。
これはいいなあと思いました。

あと、有名な時代劇(ドラマ・映画)の撮影にも使われた建物もたくさんあるので、好きな人にはうれしいと思います。
今度は母親たちを連れてきたらいいかも、と思いました。
広いのでお茶を飲んだり、休みながら1日かけて見るのもいいかな。

|

« 巨人戦 | トップページ | 水原へ行ってきた。        その2・水原華城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37546/2564636

この記事へのトラックバック一覧です: 水原へ行ってきた。         その1・民族村:

« 巨人戦 | トップページ | 水原へ行ってきた。        その2・水原華城 »