« 教保文庫のメンバーズカード | トップページ | 学校はじまる。 »

2006年7月 5日 (水)

1,000ウォンショップ

下宿の近所に1,000ウォンショップ(いわゆる100均)があります。
ダイソーが進出したもので、看板は「다이소(ダイソー)」。
韓国独自の商品もありますが、日本からそのまま持ってきた商品もかなり多い。

そして、「1,000ウォンショップ」と名乗っているからには、ほとんどの商品は1,000ウォンであるべきなのに、1,500ウォンだとか2,000ウォンの商品も多い。

例として、今まで「다이소」で買ったものを紹介。
Dsc00466






・竹のマット → 2,000ウォン
・ひよこのゴミ箱 → 1,000ウォン
・中国風柄のスリッパ → 1,000ウォン
・プラスチックのかご → 2,000ウォン

てな具合です。プラスチックのかごなんて日本なら100円であたりまえなのに・・・。
3つ持ってレジに並んで「3,000ウォン」を用意していたのに、
「4,500ウォンです」と言われる悲しさ。
それ以来、必ず値段チェックしてます。

まあ、1,000ウォンショップはいろんなものが一度に見られるし、
便利なところではあります。
でも、日本の100均の方が品揃えも値段も絶対に上です。
(そういえば、ミナミの100均で韓国人とか中国人をたくさん見たなー)

|

« 教保文庫のメンバーズカード | トップページ | 学校はじまる。 »

コメント

そうそう、前に関空で大量にダイソーの袋を抱えたアジア系外国人集団を見ました。
お土産にはもってこいかもねー。

私らが、ロッテマートとかでお土産買うのも、現地の人には妙なんだろうねー。

投稿: megu | 2006年7月 5日 (水) 20時42分

やっぱり日本の100均の偉大さ?を再発見した次第。
「これ100円でいーの?」
って商品が多いもんね。
それと品揃えの多彩さが外国人に人気なのかも。


投稿: けおるん | 2006年7月 7日 (金) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37546/2511076

この記事へのトラックバック一覧です: 1,000ウォンショップ:

« 教保文庫のメンバーズカード | トップページ | 学校はじまる。 »