« 通帳&カードGet☆ | トップページ | 絵解きシリーズ 見てわかる日本 »

2006年5月15日 (月)

K-CASH

SHINKAN smart Oneカードの4つの機能について、

※新韓銀行の韓国語HPを見たら、こういうこと(?)らしい。

とさらっと書いてしまいましたが、実はイマイチわかってませんでした。
すいません。

書いた後、K-CASHのHP(「韓国代表電子マネー!K-CASH」)を見つけたので読んでみました。
(もちろんウェブ翻訳したやつ)

ではまず、K-CASHとは・・・

Korea Cashの略語(※あんまり略されてない)
・金融決済院と全国内銀行が参加して開発した大韓民国代表電子マネー
ICチップが入っているカードに現金の価値を電子的に保存し、商品を購買する等サービスを利用する時の支払手段として使うことができる
・その他公認認証・IDカードなど多様な付加機能を一緒に利用することのできる新概念のデジタルカード

だそうです。(翻訳ページをわかりやすく少し直しました)

K-CASHが使えるのは、

・交通
 →バス、地下鉄、タクシー、駐車場、トールゲート(有料道路の料金徴収)
・流通加盟店 
 →食堂、各種小売店、ガソリンスタンド、構内売店
・レジャー、各種施設 
 →遊園地、映画館、自動販売機、ロッカー、公衆電話
・インターネット 
 →インターネットショッピング、有料コンテンツ、インターネット前売り
IDカードとして
 →学生証、社員証、会員カード、保安カード
・行政/医療でも
 →地方税、手数料納付、診療費支払い

けっこう幅広く使えるみたい。
交通はT-moneyカードがあるけど、K-CASHもT-moneyと同じように使えるってこと?
地下鉄900ウォンがT-moneyを使うと800ウォンになるけど、K-CASHだと8%割引になるらしい。
900ウォンの8%割引=828ウォン・・・T-moneyのほうがお得?
T-moneyもコンビニとかの支払いに使えたはず。
T-money韓国語HPはうまく翻訳されなくてよくわからない・・・
T-moneyもK-CASHもマイレージ機能があるみたい。

では、K-CASHを使うには?
こちらをどうぞ→K-CASH使用案内(翻訳ページ)

①銀行でK-CASHカードを作ります。
②チャージします。
 ATMまたはインターネットバンキングで、
 銀行の口座に入っているお金の中から50万ウォンを限度に
 チャージできる。
K-CASHで決済します。

けっこう簡単。
口座のお金全部が使えるようにならないのはちょっと安心ですね。
1ヶ月にいくら、とか予算を決めてチャージしておいて使いすぎを防ぐとかできるし。
どれくらいのお店で使えるのかが問題にはなってきますが、どうなんでしょう?

新しい物好きの私としては、安全で使いすぎでない範囲で使ってみたいなーと思ってます。

|

« 通帳&カードGet☆ | トップページ | 絵解きシリーズ 見てわかる日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37546/1808067

この記事へのトラックバック一覧です: K-CASH:

« 通帳&カードGet☆ | トップページ | 絵解きシリーズ 見てわかる日本 »