« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月24日 (水)

運転免許証の期間前更新

本日、門真の運転免許試験場まで行って手続きしてきました。
エピソード1はこちら→免許、どうする??

手続きとしては普通の更新とほとんど同じで、期間中に更新できない理由を証明するものとしてパスポートを持って行く必要がありました。
大阪府のHPで確認して行って、普通に更新するよりも有効期限が少なくなることはわかっていたのですが、さらに悲しい事実を知ることに。

免許の更新時に受ける講習がなんと「初回更新者」にされていた。
けおるん、更新はこれが2回目だけど?
係の女に食い下がってみたが、「免許取得から5年以内は全員初回講習になる」との回答。
なんか腑に落ちなかったので、気さくそうなおっちゃん係員に聞いてみた。

けおるん「私、更新2回目なんですけど、初回講習なんですか?」

おっちゃん「免許とってから5年たってないんとちゃうか?」

けおるん「はい」

おっちゃん「それやったら、2回目でも初回になるんや」

父(一緒に来てた)「(けおるんに)じゃあ、帰ってきてから期限切れで手続きしたほうがよかったんちゃうか」

おっちゃん「期限切れになってから手続きしたら、取得日がその日からになるから次の更新はまた初回になるんや。だから、期間は短くなるけど期限前に手続きするほうが賢いで。それなら期間がとぎれないから」

おっちゃんの「結局先に更新しといたほうがいい」という言葉でとりあえず気をとりなおせたので、おとなしく初回講習を2時間受けて新しい免許証をもらってきました。

新しい免許証の有効期限は「平成20年10月30日」。
実質2年ちょっとで次の更新をしないといけない。
なぜこんなことになるのか?

【けおるんの運転免許ヒストリー】
平成13年9月11日  運転免許証取得
        9月30日  誕生日 
平成15年10月30日 1回目の免許更新期限

平成18年5月24日  2回目の更新(期間前更新・今日) 
       9月11日  ここで免許取得より5年経過(たぶん)
      10月30日  本当の免許更新期限

1回目の免許更新期限が平成15年10月30日なのは、免許取得日が誕生日の直前だったため、誕生日が来た時点で3年の有効期限のうち1年目がカウントされてしまったから。
で、今回(期間前でなく)普通に更新していれば免許を取得してから5年が経過していると考えて、一般講習を受けて有効期間が5年の免許証がもらえたはずだった。
でも、5月24日に更新したため5年未満となり、初回講習の3年有効の免許しかもらえず・・・

普通に更新してたら次の更新は「平成23年10月30日」のところ、今日もらった免許証は「平成20年10月30日」。3年も違う。

今更どうこう言っても、法律で決まってんだから仕方ないのですが、9月末から10月中頃に一時帰国するつもりなだけにちょっと複雑。
でもできなかった時の方がめんどくさいし、そうなったらまた初回講習を受けることになるというし、今日はなかなか勉強になったということで無理やり納得することにします。

そもそものはじまりは、誕生日直前に試験を受けて免許を取得してしまったことにあるんですが・・・(しかもたまたま同時多発テロの日だし)
さらにこの免許証、身分証明書としか使用されていないだけに、その割に高い維持費です。(取得に他の人より10時間ほど余分に時間とお金がかかって苦労もしたというのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

絵解きシリーズ 見てわかる日本

韓国人に日本のことを聞かれたら、ちゃんと答えられるのか?
せっかく日本に興味をもってくれて質問してくれた人に対して
「んー。・・・わからない」
じゃあ悲しいと思うのです。
かといって、日本のことをすべて知っているわけでもなく、知っていてもあやふやだったり、日本で暮らしていたら当たり前すぎてあらためて聞かれたらうまく説明できる自信がない。

そんなときに韓国語で日本のことを説明した本ってあるのかな?

Amazonで検索したら、よさそうな本が3冊見つかりました。
韓国人が日本人によく聞く100の質問
見てわかる日本 生活・社会編(韓国語版) 絵ときシリーズ
見てわかる日本 伝統・文化編(韓国語版) 絵ときシリーズ

今日旭屋書店に行ったら、3冊ともあったのでちょっと立ち読み。
①は韓国語コーナーにあった。
韓国人が日本人に聞きたいことって、以外と素朴な疑問系(でも日本人はあんまり意識してないことだったりする)が多いみたい。
ひとつひとつの質問に詳しい説明(なんでそうなのか、とかけっこう深く)してある。

②と③は外国人向けの日本語教材コーナーにあった。
テーマにそってひとつひとつの事柄を簡潔に説明してある。
②と③では微妙に内容がかぶってる部分もあるみたいで、②だけ購入することに。

ということで、購入した「見てわかる日本 生活・社会編(韓国語版) 絵ときシリーズ
453304852809_2
第6章の「日本人とはなにか」というのが特におもしろいなーと思いました。
日本人の国民性、精神性などが簡潔に解説してあります。
「本音と建前」「多義性(あいまい)」などなど。
「ブランドを持ちたがる心理」、「行列」、「野球観戦」なんかも解説。
笑ったのは「カラオケ」
歌っている人:自分の世界に没頭中
聴いている人:次に何を歌うか考えていて、
                    実は人の歌を聴いていない」
そのとおり!!

日本のいろんな事柄がちょっと真面目に説明してあって、それが逆におかしくて「クスリ」としてしまう、そんな本かも?

この本を持っていって、韓国の人に日本と日本の生活・社会を説明できると同時に、日本と韓国の違いなんかも見比べてこれるかも?なんてことも思ったりしました。

役立てばいいなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

K-CASH

SHINKAN smart Oneカードの4つの機能について、

※新韓銀行の韓国語HPを見たら、こういうこと(?)らしい。

とさらっと書いてしまいましたが、実はイマイチわかってませんでした。
すいません。

書いた後、K-CASHのHP(「韓国代表電子マネー!K-CASH」)を見つけたので読んでみました。
(もちろんウェブ翻訳したやつ)

ではまず、K-CASHとは・・・

Korea Cashの略語(※あんまり略されてない)
・金融決済院と全国内銀行が参加して開発した大韓民国代表電子マネー
ICチップが入っているカードに現金の価値を電子的に保存し、商品を購買する等サービスを利用する時の支払手段として使うことができる
・その他公認認証・IDカードなど多様な付加機能を一緒に利用することのできる新概念のデジタルカード

だそうです。(翻訳ページをわかりやすく少し直しました)

K-CASHが使えるのは、

・交通
 →バス、地下鉄、タクシー、駐車場、トールゲート(有料道路の料金徴収)
・流通加盟店 
 →食堂、各種小売店、ガソリンスタンド、構内売店
・レジャー、各種施設 
 →遊園地、映画館、自動販売機、ロッカー、公衆電話
・インターネット 
 →インターネットショッピング、有料コンテンツ、インターネット前売り
IDカードとして
 →学生証、社員証、会員カード、保安カード
・行政/医療でも
 →地方税、手数料納付、診療費支払い

けっこう幅広く使えるみたい。
交通はT-moneyカードがあるけど、K-CASHもT-moneyと同じように使えるってこと?
地下鉄900ウォンがT-moneyを使うと800ウォンになるけど、K-CASHだと8%割引になるらしい。
900ウォンの8%割引=828ウォン・・・T-moneyのほうがお得?
T-moneyもコンビニとかの支払いに使えたはず。
T-money韓国語HPはうまく翻訳されなくてよくわからない・・・
T-moneyもK-CASHもマイレージ機能があるみたい。

では、K-CASHを使うには?
こちらをどうぞ→K-CASH使用案内(翻訳ページ)

①銀行でK-CASHカードを作ります。
②チャージします。
 ATMまたはインターネットバンキングで、
 銀行の口座に入っているお金の中から50万ウォンを限度に
 チャージできる。
K-CASHで決済します。

けっこう簡単。
口座のお金全部が使えるようにならないのはちょっと安心ですね。
1ヶ月にいくら、とか予算を決めてチャージしておいて使いすぎを防ぐとかできるし。
どれくらいのお店で使えるのかが問題にはなってきますが、どうなんでしょう?

新しい物好きの私としては、安全で使いすぎでない範囲で使ってみたいなーと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

通帳&カードGet☆

水曜日、新韓銀行から家に「通帳が出来てきました」という電話をもらっていたので、ビザをもらったついでに取りに行ってきました。

新韓銀行に入ると、申し込みをしたときの行員さん(電話くれたのもこの人)が私の顔を見るなり、「少々お待ちください」と言って奥へ。

え!?顔パス?

しばらくして通帳とカードを持って再登場。

確かに私の名前が入ってます。正解。

通帳は日本とほとんど同じ。
ちょっと薄いような気はしますが。
印鑑の部分は申し込みのときに書いたサインがそのまま貼り付けてあります。
印鑑押してたら、印鑑が載ってたことに。
印鑑を偽造してお金を引き出されたりしないように、日本ではもう通帳には印鑑は載せてないですが、韓国はまだ載せてるみたい。

カードは「SHINHAN smart One」とデザインされた字が入っていて、ICチップ付。
通帳に書いてある口座番号が書いてないのが?なんですが(全然関係ない番号は小さく書いてある)、いくつかの機能がついているみたいで、
 ・「전자통장」(電子通帳)
 ・「공인인증서」(公証認証書?)
 ・「K-CASH」
 ・「현금카드」(現金カード)
の文字とアイコンが描いてあります。

これらの機能がどんなのか、私が使えるのかよくわかりませんが(登録とかがいるのかも)、チェックカード(日本でいうデビットカード)として使えたら便利なのになーと思ってます。
※新韓銀行の韓国語HPを見たら、こういうこと(?)らしい。

通帳とカードにそれぞれ暗証番号を設定させられました。
通帳が4ケタ、カードは6ケタ。
お金の引き出しは韓国内でしかできないとのこと。

この通帳にお金を入れるには、送金という形をとるため手数料(4000円くらい)がいります。
もうちょっとウォンが安くなるのを期待して、今日もお金は入れず。
お金とカードを持って銀行へ行けばすぐに通帳に入るそうなので様子を見て、出発ギリギリでもいいかなと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビザGet☆

本日、ビザを受け取ってきました。

昼休みに携帯を見たら、伝言メモに録音が。
申請したときに「手続きができたら携帯に電話する」って言われたので、
電話に出れないときは伝言メモを設定しておきました。

「もしや、領事館から?」って聞いてみたら、

「もしもし、こちら韓国総領事館ビザ課の者です。○○様のお電話でよろしかったでしょうか。えー、先月申請されました長期ビザのことでお電話です。(ちょっと聞き取れない)がおわりましたので、時間は1時半から3時半、受付の紙必ず持ってきてください。失礼します」

かなり音が小さくてよく聞こえなかったけど、「1時半から3時半の間に受付の紙を持って来い」ってんだから、「ビザできたから取りに来い」ってことだろうと思って、昼から半休とって行ってきました。

2時過ぎに行ったのですが、総領事館はけっこう混んでました。
ビザ発給の窓口には欧米系の外国人の人が来ていて、ちょっと驚きました。(たぶん日本→韓国に行く人?)奥の窓口(パスポート発給とか?)は在日韓国人の人で混んでました。
でもビザの窓口は3人くらいしか並んでなくて(番号札取る)、すぐに順番になりました。
窓口の人に受付の紙を渡すと、並んだパスポートの中から私のパスポートを探して、ビザの内容チェック、パスポートの写真と私の顔をチェックして、渡してくれました。

1_visa_4 ビザはこんな感じ。
ソウル入国管理局のHPより) 
これは私のビザとは種類が違うのですが、見た目(台紙)はまったく同じです。
パスポートの1ページに貼ってあります。

성/Surname (姓) 
명/Given Name (名)
생년월일/Birth Date (生年月日)
성별/Sex (性別) → F(女)
체류자격/Status (在留資格) → 일반연수(一般研修)D-4
체류기간/Period of Sojourn (在留期間) → 06M (6ヶ月)
종류/Entries (種類) → S (再入国に許可がいるシングル?)
발급일/Issue Date (発給日) → 2006/05/11
만료일/Expiry Date (満了日) → 2006/08/11(この日までに入国しないと無効)
발급지/Issued at (発給地) → OS(たぶん大阪の意味)
비고/Remarks (備考) → 이화여자대학교어학학원(梨花女子大学語学学院)

以上のことが記載されてます。
ちなみに写真右下のハンコは入国審査時に押されるので今はありません。

受付の紙を一度家に取りに帰って、また出かけたので疲れた・・・
でもビザをもらってほっとしたのと、やっと韓国に行くっていう実感が出てきた感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

荷物を考える

少し前から持って行くものをちょっとずつ用意してみたりしてます。
エージェントにもらったリストと、ソウルナビの掲示板でリサーチしたのを参考に
リストを作ってみました。

【生活用品】
・生理ナプキン →これはよく言われてます。日本の方が安くて質もよいとのこと。
・洗濯ネット  →洗濯機の水流が強くて生地が傷むらしい。
・化粧品   →自分の肌に合ったものの方が安心。
・コンタクト  →日本の方が安い。1日使い捨てにする予定。
・爪切り
・爪とぎ
・シャンプー、リンス
・歯ブラシ、歯磨き粉
・ポケットティッシュ →これも意見が多かった。街でもらいまくって集めてます。

【勉強道具など】
・辞書
・筆記用具 →韓国の消しゴムは消えないらしい。
・ノート
・電卓
・住所録 →友達にエアメールを送る用。
・ガイドブック
・電池
・カメラ
・パソコン
・写真  →日本の生活、文化を紹介する用。

【食品】
・緑茶 →飛行機で韓国の緑茶を飲んで日本茶が必要と思った。
・みそ汁 →インスタント。これも意見が多かった。

今ウォン高だし(ちょっとずつ下がってる傾向みたいなので、期待してますが)、
100円均一とかで買えるなら日本で買っていった方がお得なような気がして、
何か買いたい衝動に駆られたときは留学に必要な物を買うようにしてます。

「これも持って行くといいよ」とか「それ、いらへんでー」などありましたら、
どしどしコメントください。参考にさせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2ヶ月きりました。

出発日は6月27日の朝の予定なので、すでに2ヶ月を切ったことに。
ただ、ほんとに実感がない。

普通に仕事してるし、今日も上司に、
「このお知らせは、来年はこうしよう」
などと言われ、
「来年はアタイはココにいないんですけど??」
と心の中で突っ込む。
(もちろん辞めることは上司もわかってる、はず)

最近の日韓関係ニュースを見ていて思うのは、
韓国政府の方針には全然賛同できないけれど、日韓の歴史や政治的なことについて意見を求められたときにどうしたらいいのかもよくわからない。
知識や認識が浅いということもあるし、知ってる限りのことで討論するのがいいのか、
それとも適当にかわしたほうが得策なのかもよくわからない。
自分が韓国で暮らして、韓国人の友達と付き合って行く上で、日本人のひとりとしてどうしたらいいんでしょうか。

今考えているのはそんなことで、ニュースを見ながら
「ほんとにあの国に住むのかな~」
という感じ。

ある程度は歴史も勉強していくつもりですが、日本で知らされている事実と韓国で周知されていることはどうも違うみたいなので、そこらへんも難しいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »