« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月23日 (日)

免許、どうする??

けおるんが今持っている運転免許証は「平成18年10月30日まで有効」なんですと。

それって、留学期間中やん。
一応一時帰国しようと思ってる時期ではあるけど、もし予定が変わったりしたら。。。

ってことでこれも調べてみました。

大阪府警のHPより運転免許証に関する各種手続を参照。

海外駐在等で更新期間内に更新ができない場合は、更新期間前における免許証の更新を申請することができます。更新期間が1年先の場合も更新できます。また、海外渡航を証明する書類は、パスポートを確認させていただければ結構です。
なお、国際免許証も同日に取得できますので、午前中に来場してください。


とのこと。
先に手続きしていった方が安心ですね。
ついでに国際免許証・・・とかは全然思いませんけど。
日本でも年に数回運転するかしないか(いわゆるペーパードライバー)なのに、
びっくりな運転マナー、交通事故多発の韓国で運転できるわけがない。

ちなみに、更新しないで失効してしまった場合は・・・

運転免許証は、有効期間内に更新手続をしなければ、失効し運転ができなくなります。
したがって、運転免許証を取得するためには、失効後「6ヶ月」以内に期限切れの手続をしていただき、適性試験に合格後、講習を受講すれば運転免許証の交付を受けることができます。
また、「6ヶ月」を経過しても、海外駐在等やむを得ない事情がある場合は、日本に帰国後、「1ヶ月」以内に期限切れの手続をしていただくことができますが、失効後3年を経過した場合は、運転免許試験の受け直しとなります。(ただし、失効の理由が平成13年6月19日以前に発生している場合は、技能試験のみ免除となり、適性試験と学科試験を受験していただくことになります。)
詳しくは、帰国された際、電話でお問い合わせ下さい。


当然のことながら、こっちの方がめんどくさい。
やっぱり先に更新して行こう。
ほとんど運転しないといっても、運転免許証って財布に入ってほとんどの場合の身分証明書として有効な便利なモノですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

歯医者に行ったら

留学中に行きたくないところ、それは病院。
言葉が通じなかったり、通じても日本とは勝手が違うはずなので、
できれば、できたら、できる限り、行きたくない。

特に歯医者は日本でも信用した先生にしかさわって欲しくない。
いわんや、韓国では。

というわけで、本日診てもらいました。
だいたい年1回は虫歯がないかチェックしてもらい、歯石を取ってもらってるんですが、
前回から約1年経ってました。

チェックしてもらったら、虫歯はなし。
でも、先生は左奥の親知らずが気になるらしい。

この親知らずには6年ほど前に文字通り泣かされまして、
こいつが出てきたおかげで噛み合わせがおかしくなったのか、
噛む度に左のほっぺたを噛んでしまうようになってしまい・・・

泣きながらここの先生に処置してもらうまで、
ヨーグルト、栄養ゼリー、やわらかいパン、豆腐、など主に流動食しか食べられず。
おかげで3キロくらい痩せまして、さらに痩せ続け現在のけおるんになった(?)わけです。
(それまでもうちょっとぽっちゃりしてた。と思う)
名付けて親知らずダイエット。
あんまりおすすめはしません。

話がそれましたが、先生は現在の状況と6年前に撮ったレントゲンを見て、

「こいつが悪さをするかもしれんなー」

と言っている。
半年海外に行くことも話したので、半年間痛みが出たりしないか考えてる様子。
さすがにレントゲンが古くて今の状況がわからないということで、
今日レントゲンも撮りました。

今日撮ったレントゲンを見て、

先生「やっぱりだいぶ頭出してきてるね。処置しましょう」

けおるん「抜くってことですか?」

先生「そう。そのつもりで次回来る日を決めてね。連休明けになるね」

けおるん「・・・はい」

ということで・・・

5月8日、親知らずの抜歯決定。

次の日も抜歯後の消毒とやらをしに行かなけりゃならないらしい。

まあでも。韓国で痛くなることを考えたら、これでよかったのかも。
今日行ったのも、もしかして虫歯の治療とかが必要な場合に
何回か通える余裕を持ってと思って出発2ヶ月前に来たわけだし。

まな板の鯉になってこようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

口座を開設

ビザの申請後、そのまま御堂筋を心斎橋方面に進んで、新韓銀行へ。

新韓銀行で口座をつくる申請をしました。
対応してくれたのは、本国から来たと思われる女性でした。

韓国に留学するので韓国で使える口座を作りたいと言ったら、
「パスポートはお持ちですか?」
と聞かれたので、ビザ申請の時に預けてしまったのですが、
写真とかパスポート番号が載っているページのコピーを出したら大丈夫でした。
あと、住所がわかる証明書がいるので、運転免許証も出しました。

3枚ほど用紙に記入しました。
1枚は口座開設用、1枚はキャッシュカードの申込用、もう1枚は本国の支店への開設願い?だったような。

用紙は全部ハングルで印刷されてたんですが、記入は普通に日本語でOKでした。
用紙にはいろいろ欄がありましたが、指示されて書いたのは住所、氏名、電話番号、携帯番号だけでした。

「印鑑はお持ちですか?」
と聞かれたのですが、前にサインでもいいと聞いていたのと、
(いくらでも偽造できる)印鑑よりもサインの方が安全、というのをどこかで聞いていたので、
「サインでもいいって前に聞いたんですが、ダメなんですか?」
と聞いてみたら、サインでもいけました。
印鑑を押すスペースにサインをするのですが、念のためフルネームでサイン。
(けおるんの下の名前はひらがななので、似せにくいだろうと思って)

ただ、サインの場合は窓口でなにか手続きするときにパスポートを持っていかないといけないとのことでした。
普段(カードだけで引き出せる)ATMで引き出す分には関係ないそうです。

あと、口座開設料の1,000円を払って領収書をもらったのと、
すぐに入金(海外送金という形になる)するか聞かれたのですが、
レートを聞いたら、昨日今日はちょっと高めだと(10万円→ほぼ80万ウォン!)いうことと、お金を用意してなかったのとで、今日はやめときました。
今後、ウォンは上がり続けるのでしょうか?
本当に不安です。

1週間から10日でできるので、電話しますと言われて銀行を後に。

しばらくして地下鉄の駅にいたら、携帯が鳴りました。
知らない番号だったけど出てみたら、

「新韓銀行です。今よろしいですか?」

いきなり携帯に電話~!!

なんでも、口座は韓国のどの支店でつくりましょうか?ということで、

「梨花女子大に通うので、その近くで」

と言ってみたのですが、通じてなかったみたいで(もちろん日本語で会話)、

「住所はどこですか?」

と言われて、

「・・・えーと、えーと、梨花女子大学です」

ともう一度言ったら、わかったみたいでしたが、

「では、ソウルの本店でおつくりします」

というので、場所を聞いたら、「どこそこの駅の近く」とかいう回答が欲しかったのですが、
思いっきり韓国語の発音で住所を述べてきた。

「どのへんですか?」って聞いたら、

「ソウルのだいたい真ん中ですね」
今度はかなりアバウトですよ。

「そちらの支店には、日本語がわかる者もおりますので、手続きなども便利だと思います」

そういう配慮のことでしたか。ありがとう。
「わかりました。本店でお願いします」

という電話でした。
しかし、いきなり携帯に電話かかってくるとは思いませんでした。
でも、迅速な対応で感じもよくて、なかなかの好印象を持ちました。

留学したら、本国の支店もレポートしてみたいと思いました。

ちなみに、新韓銀行ソウル本店は、市庁駅から200mでした。
たしかに、「ソウルのだいたい真ん中」。市庁だし。
行くとしても滞在中1回か2回程度だろうし、便利なところにあるから問題ないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビザ申請

ついにビザ申請に行って来ました。
前にもお伝えした在大阪韓国総領事館です。

地下鉄なんば駅25番出口から出て、心斎橋方面に歩くこと5分。
10時すぎに着きました。
警官が入口にふたり立っている、ガラス張りの建物。
急な階段を上がって中に入ります。

中は普通のお役所って感じで、国民登録、VISA、旅券などの窓口が計8つくらいありました。
申請する内容によって、機械のボタンを押して番号札をとります。
ビザ申請は誰も並んでなくて、札を取った瞬間に番号を呼ばれました。

受け付けてくれたのは若いお姉さん。
けおるんが控えめに「おはようございます」と言っても、特に反応なし。
差し出した書類(パスポート、ビザ申請書、残高証明書、パスポート、写真)
をチェックしだしました。
写真は2枚と聞いてましたが1枚でよかったらしく、1枚は返されました。
書類を見て、なにやら指折り数えているのでちょっと心配に。

え?何か足りないの?

ちょっと背伸びしてのぞいてみると、残高証明書を見ている。
どうも、一十百千万・・・と数えていたらしい。
ひととおりチェックが終わったら、

「お呼びしますので、しばらくお待ち下さい」

と言われたのでおとなしく待ちました。

他の窓口で呼ばれる名前を聞いていると、どうも今ここ来ているのはけおるん以外は
在日韓国人の人みたい。
(日本語で)「○○さま~」と呼ばれているのですが、みなさん韓国の名前でした。
どんな手続きに来ているのかはちょっとわかりませんでしたが、
10人くらい手続きをしに来ていました。

5分くらいたって、

「××(けおるん名字)さまー」と呼ばれたので再びVISA窓口へ。

これから本国に送って審査をするということと、その間パスポートは総領事館預かりに
なるけれどいいですか?ということを言われました。
あと、ビザ申請書の上の空欄に携帯の番号を書かされました。

そしたら電話が鳴って、お姉さんが取って話し出しました。
(問い合わせの電話だった)
その間、けおるん待ちぼうけ。
しばらくして、(電話の相手に)「しばらくお待ち下さい」と言って、
今度はけおるんに、

「この3枚と、パスポートをコピーしてください」

と、左隅にあるコピー機を示されました。

コピー?自分で?
しかも、このコピー機、有料だし。


「あ、もしかしたら、自分の控え用なのかも・・・」と思いながらコピー。
いつも会社でやってるみたいにコピーしたら、2枚も失敗。
会社のコピー機は左上に角を合わせるんですが、このコピー機は右上に
合わせないといけなかった。

コピーが終わって再び窓口に行ったら、お姉さんは電話で今度は韓国語で話していた。
たぶん本国か大使館に確認していたんだと思う。
そして、回線を切り替えてまた日本語で、確認した内容を質問主に伝えて電話終了。

元の書類とコピーを出すと、お姉さんは受け取ってホッチキスでとめて、そのまま受領。

やっぱり、あんたがもらうんかい!!!

電話してる間、待ちぼうけしないように、何かさせとこうとか思ってのことか?
(ビザ申請に行った方、どうでしたか?)

最後に「VISA ACCEPT」という紙を渡されて、
ビザが出ましたら、携帯に電話するの1時半から3時半の間に取りに来るように
言われました。(ビザ申請書に携帯番号を書かされたのはそういうことだったみたい)
この紙はなくさないで下さい、とも言われました。(受取証ですね)

・・・ということで、無事にビザの申請を終えることができました。

最初はちょっと緊張しましたが、日本にあるとはいえ、韓国のお役所なわけでして、
やっぱり日本の役所とは少し雰囲気が違うという印象を受けました。

ちゃんとビザが下りるか心配ですが、昨日留学エージェントに行ったときに、
「全員ちゃんともらえてます」と言っていたのでたぶん大丈夫でしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

残高証明書 in 郵便局

前回、三菱東京UFJ銀行で残高証明書をもらったけおるん。
(ことの顛末は→その①その②
ちなみに、間違った「Mrs.」残高証明書をどうしたかというと、
次の日母上が銀行に電話して、正しく「Miss.」で作った残高証明書を
家まで持ってこさせました。

そんなこんなでストレスを感じたのと、「郵便局の残高証明書でもOK。しかも500円」
という情報があったので、今度は郵便局で残高証明書もらってみることに。

会社のあるビルに入っている郵便局はなかなか親切で、けおるんも一目置いているので、とりあえず説明を聞く&申請用紙をもらいに行ってみました。

残高証明書が英文で欲しい旨伝えると、銀行の場合とは違って、
すぐに必要な用紙を出してくれた。
まず、日本語の残高証明の場合も必要な用紙。(お届け印を押したりする)
でもう一枚は、英文の場合は手書きだそうで、ひな形が印刷してあって、
必要な部分を自分で書いて申請して、それを郵便局が「相違ありません」って
証明印を押すとのこと。
手書きなんで、「書き損じたとき用に」と2枚用紙をくれるこの気配り。
さすが、けおるんが一目置いている郵便局ですわ。

用紙を持って月曜日に証明してもらってきました。
これまたけおるんが信頼している郵便局員のお姉さんが手続きしてくれましたが、

・・・なんか、やっぱり手書きはショボイ。

パソコンで打ち出す方が絶対早いし正確だと思うのですが。
郵政公社になったのに、こういうところアナログでいいのかなあ?

明日、これで領事館は受け付けてくれるのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日申請に行きます。

明日、ついに在大阪韓国総領事館へ。

どんなところかじっくり観察してこようと思います。

そんな余裕あるかしら?

ついでに新韓銀行で口座の申込もできたらしてこようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

ケータイどうする??

半年間日本を離れますので、その間(日本の)携帯は基本的に不要です。
でも、時々帰ってきたりして使うし。。。

ドコモショップで聞いてみました。

利用休止の制度があることは知っていたので、利用休止した方がオトクなのかどうか。
どういった手続きをしないといけないのか。

→利用休止するには、今使っている携帯(とFOMAカード)を持って、直接お店に行かなければなりません。(FOMAカードは返却する)
そして、手続きに行った日からすぐに使えなくなります。
また、手数料2,100円(税込)と、新いちねん割引を利用している人で契約満了月(いちねん割引を始めた月)およびその翌月以外の時期に利用休止をすると、いちねん割引の解約料(3,150円)がかかります。

けおるんは韓国でも携帯を持とうかと思っています。たぶんプリペイドのやつを。
でも、韓国ですぐに携帯が買えるかわからないし、
ドコモから海外ローミングができる、割安の携帯が登場するということで、これを持って行って、しばらくして日本の携帯の必要がなくなったら、利用休止とかできたらいいなーと思ってたんです。
携帯からとかパソコンからとか手続きできるとか、何月何日から止めてくださいとか前もって申し込めるとかではないので、ちょっとそれは無理そうです。
それにけおるんの場合、手数料も解約料もとられます。

なので、いちばん安いプラン(プランSS)で置いておくことにする予定。
(計算してもらったら、1ヶ月2,000円ちょっとでした)
また、無料通話分1,000円もけおるんが使わなかったら、(2ヶ月後)家族が使えるということなので、無駄にはならないみたい。
家族全体で携帯料金の見直しをしようと思います。

詳しくはドコモHPまで→こちら

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

ビザの申請情報

入学許可証が届いたので、ビザ申請について電話で説明を受けました。

私は大阪府在住なので、心斎橋にある駐大阪韓国領事館で申請です。
韓国の大使館・領事館は日本に10箇所ありますが、その大使館・領事館によって必要な提出書類が違ったり、ビザ発給までの期間が違ったり、変更がしょっちゅうだったりするそうですので、今から私が書くのは「駐大阪韓国領事館の場合」で、「現時点」での情報です。

駐大阪韓国領事館
〈住   所〉 大阪市中央区西心斎橋2-3-4 →MAP
〈電   話〉 06-6213-1401~5

※ここで申請するのは、大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山に在住の人です。
 各線なんば駅が最寄みたいです(徒歩5分ほど)

〈申請時間〉 9:30~11:30 、 13:30~15:30

※できれば午前中、11時くらいまでに行くように言われました。

〈必要書類〉 1.ビザ申請書 → 「javisa.doc」をダウンロード
         2.パスポート原本
         3.入学許可証
         4.残高証明書(30万円以上)
         5.カラー写真 パスポートサイズ(3.5×4.5) 2枚

1.は、留学エージェントでもらった見本を見て下書き用に記入→チェック→清書しました。
「漢字姓名」以外は全部英語。(もしかしたら韓国語でもいいのかも)
ファイルを開いて見てもらうとわかるんですが、
 ・ これだけの内容にこんなにスペース必要なん?っていう部分(名前とかの欄)
 ・ これだけの内容、こんなスペースに入らんやろ!っていう部分(特に住所)
があるんです。極細ペンを使用して、なんとか乗り越えました。
今後、査証発給申請書が改正されるときは、ここのところを改善してもらいたいものです。

4.は「今のところ」「大阪では」最低30万円だそうです。
もちろん多ければ多いほどよいです。

今回聞いたところでは、これだけですが、
 ・ 身元保証書
 ・ 最終学歴証明書
 ・ 住民票
が必要な場所・時があるそうなので、必ず確認して申請してください。

〈発給までの期間〉 1ヶ月~1ヶ月半
これも場所・時によって、「かなり」まちまちみたいです。
余裕をもって申請してください。

私も、明日休みなので申請に行こうかと思いましたが、
残高証明書が用意できないので来週に繰越です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

入学許可証が届いた。

今日のお昼前、留学エージェントより梨花女子大学の入学許可証が届きました。

入学許可証に書かれている内容は、

                証明書

   氏名    
   国籍    
   生年月日 
   パスポート番号 
   期間

   これは○○(けおるん)が梨花女子大学のランゲージセンターに
   入学することを許可されたと証明するものです。 

ということが英語で書かれています。
今改めて大学の卒業証明書(英文)を見たら、ほとんど同じ様式で、
氏名、生年月日、入学日、学籍番号が書いてあって、
最後に「これはこの人物が我が大学を卒業したということと、2001年3月15日に文学部で文学士の資格を与えられたことを証明するものです。」
という一文が入ってます。

こういう証明書って、だいたいこんな様式なんでしょうね。
違ったらわかりにくいか~。世界共通?

あと、学費の領収書(2期分)と、選考料の領収書が同封されてました。
選考料の領収書には筆記試験の日時と場所も書いてあります。

入学証明書が手に入ったので、次はビザの申請なんですが、
まだ2ヶ月前なんで、早いのかな?
明日にでも問い合わせてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

下宿のこと

やっぱり訪韓初日に下宿を探して回るのはちょっとしんどいと思いはじめました。

初日だけ新村近くのホテルかゲストハウスに宿を取ろうかとも考えてたんですが、
昨日たまたま「トトロハウス」のHPを見ていたら、

「住まい紹介サービス」

っていうのをやっているというじゃないですか。
自分の希望に合う空き部屋をいくつか紹介してくれて(写真や情報を送ってくれる)、その中から選ぶみたい。
訪韓の約1ヶ月~1週間前に下宿が決まるので、荷物も前もって送れる。
しかも、入居日はスタッフの人が案内してくれて契約に立ち会ってくれる。

これなら安心かも。

自分で探すのも勉強、とは思ってはいるけど、最初はお願いしようかと思います。

トトロハウスも語学の勉強や、友達を作る場としてかなりよさそうな所でした。
ぜひ利用しようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »