« 証明写真 | トップページ | 残高証明書で苦労① »

2006年2月26日 (日)

入国初日にすること

昨日、「韓国生活セミナー」に参加してきました。
そこで、韓国入国初日の流れが説明されました。

●入国について

 ①入国審査 → ②手荷物受け取り → 
 ③税関検査(申告するものがある場合) → ④入国

これは旅行に行ったときも同じ。
次が違う。
ワーキングホリデーで行く人は、ワーキングホリデー教会の人が迎えに
来てくれるそうなのですが、

留学の人の場合…

空港内で、市内行きの高速バスチケットを購入して、
案内される番号のバスに乗ってソウル市内に向かってください。

ま、これも旅行でもやってる人はいるわけで、できそうです。

 ■バスのチケットを買う
  신촌까지 가려는데 티켓값이 얼마에요?
  몇번 버스를 타면 될가요?
(新村まで行きたいのですが、チケットはいくらですか?
 何番のバスに乗ればいいですか?)

●市内に到着したら

 まず、学校の事務局に行って、下宿を紹介してもらいます。
 何軒か紹介してもらえるので、ひとりで見てまわって住むところを決めます。

    ひとりで…
      ひとりで…
       ひとりで…

これ、めっちゃ不安です。
ワーキングホリデーの人は、協会の人が一緒に回ってくれるらしい。

 ■下宿を見せてもらうとき
 계세요?  하숙을 찾고 있는데 방을 보여주시겠습니가?
  (ごめんください。下宿を探しているので、部屋を見せてください)

ピンポンがある家もあるそうですが、ない場合、
ガラリと戸を開けて、「계세요?(ケセヨー)」と大声で叫べとのことです。

下宿を決めるときに必ずチェックすべきポイントも教わりました。
まず、台所・トイレ・部屋の隅にホコリがたまったりしていないか、などをチェック。
これから自分の食べるものを作ってもらったり、毎日使う場所だったりするので、
衛生面がちゃんとしているかきちんと見るべき。

でも、細かい希望とか、聞きたいことがちゃんと伝えられて、
答えをきちんと理解できるのか、そして納得して住むところを見つけられるのか。
すごく不安…。
前もって自分の要望を書き出しておこうと思います。

最初はとりあえず1ヶ月だけの契約にする方がいいらしい。
しばらく住んで学校に通えばそこそこ話せるようになるので、
下宿探しのチャンスも広がります。
そして、もっと気に入るところを見つけたら引っ越せばよいとのこと。

下宿探しに役立つHPも聞いたので載せておきます。
  원룸114(ワンルーム114) → http://www.oneroom.com
     Neoroom → http://www.neoroom.com

韓国語でした。がんばって読んでみます。

下宿先を何軒か見るのに時間がかかるので、出発は朝一番の飛行機。
かなり長い1日になりそうです。

誰か現地で下宿先探しを手伝ってくれる方、いらっしゃいませんでしょうか?
オススメの下宿を知ってる!住んでる!っていう方、ご一報ください。

|

« 証明写真 | トップページ | 残高証明書で苦労① »

コメント

バスのチケットは楽勝よ。
そんな詳しく言わなくても、新村行きならバス番号もすぐわかるし、そのバス停近くのチケット売り場に行って行き先さえ言えばチケット差し出してくれます。
値段はチケットに書いてあるしね。
KJCLUBとかGO KOREAとかに登録して現地の友達探すのも手かもよぉ〜。

投稿: ちゃぎ | 2006年2月27日 (月) 20時46分

そうなんや~。
バスはそんなに心配してないねんけど、
問題は下宿やな~。

mixiとかでお友達を探し中です。

投稿: けおるん | 2006年3月 1日 (水) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37546/855326

この記事へのトラックバック一覧です: 入国初日にすること:

« 証明写真 | トップページ | 残高証明書で苦労① »