« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

入国初日にすること

昨日、「韓国生活セミナー」に参加してきました。
そこで、韓国入国初日の流れが説明されました。

●入国について

 ①入国審査 → ②手荷物受け取り → 
 ③税関検査(申告するものがある場合) → ④入国

これは旅行に行ったときも同じ。
次が違う。
ワーキングホリデーで行く人は、ワーキングホリデー教会の人が迎えに
来てくれるそうなのですが、

留学の人の場合…

空港内で、市内行きの高速バスチケットを購入して、
案内される番号のバスに乗ってソウル市内に向かってください。

ま、これも旅行でもやってる人はいるわけで、できそうです。

 ■バスのチケットを買う
  신촌까지 가려는데 티켓값이 얼마에요?
  몇번 버스를 타면 될가요?
(新村まで行きたいのですが、チケットはいくらですか?
 何番のバスに乗ればいいですか?)

●市内に到着したら

 まず、学校の事務局に行って、下宿を紹介してもらいます。
 何軒か紹介してもらえるので、ひとりで見てまわって住むところを決めます。

    ひとりで…
      ひとりで…
       ひとりで…

これ、めっちゃ不安です。
ワーキングホリデーの人は、協会の人が一緒に回ってくれるらしい。

 ■下宿を見せてもらうとき
 계세요?  하숙을 찾고 있는데 방을 보여주시겠습니가?
  (ごめんください。下宿を探しているので、部屋を見せてください)

ピンポンがある家もあるそうですが、ない場合、
ガラリと戸を開けて、「계세요?(ケセヨー)」と大声で叫べとのことです。

下宿を決めるときに必ずチェックすべきポイントも教わりました。
まず、台所・トイレ・部屋の隅にホコリがたまったりしていないか、などをチェック。
これから自分の食べるものを作ってもらったり、毎日使う場所だったりするので、
衛生面がちゃんとしているかきちんと見るべき。

でも、細かい希望とか、聞きたいことがちゃんと伝えられて、
答えをきちんと理解できるのか、そして納得して住むところを見つけられるのか。
すごく不安…。
前もって自分の要望を書き出しておこうと思います。

最初はとりあえず1ヶ月だけの契約にする方がいいらしい。
しばらく住んで学校に通えばそこそこ話せるようになるので、
下宿探しのチャンスも広がります。
そして、もっと気に入るところを見つけたら引っ越せばよいとのこと。

下宿探しに役立つHPも聞いたので載せておきます。
  원룸114(ワンルーム114) → http://www.oneroom.com
     Neoroom → http://www.neoroom.com

韓国語でした。がんばって読んでみます。

下宿先を何軒か見るのに時間がかかるので、出発は朝一番の飛行機。
かなり長い1日になりそうです。

誰か現地で下宿先探しを手伝ってくれる方、いらっしゃいませんでしょうか?
オススメの下宿を知ってる!住んでる!っていう方、ご一報ください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

証明写真

ちょっとずつ手続きに必要なものをそろえようと思い、
今日は証明写真を撮ってきました。

私はスピード写真の機械が苦手(っていうかキレイに写れない)なので、
写真屋さんで撮ってもらうことにしました。

ディアモールのイーマ地下入口からすぐの写真屋さんにて。
まず、学校提出分とビザ申請分のパスポートサイズ(4.5×3.5)を2枚。
あと、韓国で外国人登録の際に3×4の写真が3枚いるみたいなので、
それもついでに撮っておくことにしました。

ちゃんとカメラマンさんが撮ってくれて、顔の向きとか角度も指導してくれたので
なんとか「見れる」写真が取れました。(肌荒れは隠せなかったけど…)
料金は全部で2,520円でした。

家に帰ったら、1週間くらいかかると言われた英文の卒業証明書が郵便で届いていました。

あと、取りに行くものとしては残高証明書くらいです。
ビザの申請書ももうもらってるのですがそれはまたご紹介します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月23日 (木)

残高証明書

入学の手続きと、ビザ取得のために、
銀行の残高証明書も必要とのこと。

これはたぶん、

「おたくの国にしばらくいても困らないくらいはお金もってますよ」

ってことを示せってことなんですよね…

ラストリゾートでは、50万円以上のものと、30万円以上のものを取るように言われました。
学費払う前に50万円以上のを取って、後で30万円以上のを取ればいいとか。
これも卒業証明書同様、英文でと言われました。

ま、留学しようってんだから、それくらいは(なんとか)所持しております。

で、銀行に行ったらタダで出るもんかと思ってたんですけど、
調べたら、

お金かかる!!

自分の預けたお金の金額が書いてある紙をもらうだけなのに。

しかも105円とかのレベルじゃなくて、

735円(三菱東京UFJ銀行の場合)

高い。
で、まだ取りに行ってない。
仕事中に行ってこようかしら。

あと証明写真も撮らねばならんし、ほんとに物入りです。
韓国とかソウルに関する本もいろいろ欲しくなるし…
節約、節約。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

卒業証明書

学校への登録のためと、ビザの申請のために大学の卒業証明書がいるということなので、さっそく今日もらいに行ってきました。

でもわが母校の場合、卒業生への発行は1週間ほどかかるらしく(英文の卒業証明書の場合)、交付申請だけして帰ってきました。
1部300円でした。

みなさん、卒業証明書の入手はお早めにどうぞ。

あと、証明写真とかも必要になるし…
手続きだけでもけっこうお金がかかりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

学校決定

本日の3回目のカウンセリングで、学校を決定しました。

退職日からみて日程的にいけるのが梨花女子大学か高麗大学のどちらか。
高麗大学はネットの何かで見たところ、「宿題とか少なめでちょっとのんびり」タイプの学校だそうです。

私はどちらかというと環境によって自分を追い込んだ方がいいタイプなので、宿題とか多めでしっかり叩き込んでもらう方がいいかな~と思っていました。
梨花女子大はしっかり叩き込んでくれる学校らしいです。
場所も便利だし、「名門女子大に通う」というのもなんか響きがいいし。

ってことで、最初から気になっていた梨花女子大学校言語教育院へ通うことに決定。
ちなみに、梨花女子大学自体は女子のみですが、言語教育院には男子も通えるそうです。

クラス分け試験が6月29日なので、出発日は6月27日。
朝一番の飛行機(関空発10時前くらい)で韓国入りする予定となりました。
韓国・仁川空港に着いたら、バスで学校へ行って、学校に紹介される下宿を何軒か回ってどこに住むか決める、という流れだそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

会社に「辞める」と言ってみた

本日午前8時過ぎ、いつもより早目に会社へ行き、
上司に「6月で辞めます」と言ってみました。
引き止められたりはしないと思ってましたが、やっぱりちょっと勇気いりました。

予想通りあっさり受諾され、後任者探しをはじめるみたいです。

お局様には最初、「結婚するの?」と聞かれましたが、
私が前から韓国語を勉強していることはみんな知っていたこともあって、
事務所内は「留学応援モード」。
ちょっとほっとしました。

これで心置きなく留学の準備を進められます。

退職金も「ちょっとだけど」(byお局)、出るそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

国民年金 若年者納付猶予制度

年金と健康保険が…
と嘆いていたら、shimaさんからありがたいアドバイスが!!

国民年金には「若年者納付猶予制度」なるものがあるって!!

さっそく調べて見ました☆

どこの市町村でも要件は同じだと思うので、わかりやすかった瀬戸市のページによると、

若年者納付猶予制度(平成17年4月新設)
(内容)
若年者(20歳代の方)で所得が少ない等の理由で保険料を納められないとき、申請し、社会保険事務所の審査の結果承認されれば、保険料の納付が猶予されます。

(対象)
審査の対象は、被保険者・その配偶者の前年所得となり、次のいずれかに該当し、申請により承認された方
1)失業により、保険料の納付が著しく困難な方
2)地方税法に定める障害者または寡婦で、前年の所得が125万円以下の方
3)前年度または今年度において、 天災などで財産の概収2分の1に損害を受けた方
4)事業の休止または、廃業により離職者支援資金の交付を受けた方

(手続き)
①年金手帳
②印鑑(認印は可、スタンプ印は不可)
③雇用保険受給資格証または離職票の写し(ただし、上記2)に該当される方のみ)
④離職者支援資金貸付金決定通知(ただし、上記5)に該当される方のみ)
をお持ちの上、国保年金課窓口へ

(注意事項)
・若年者納付猶予制度は、被保険者・その配偶者の前年所得を確認する必要があるため、必ず税申告を行なってください。
・猶予が承認されると、その期間は保険料の未納扱いとなりません。
・猶予を受けた期間は、10年以内であれば追納できます。

とのこと…
前年に所得があっても、失業したら免除が受けられるみたいなので、けおるんも免除してもらえそうです。
これで、8万円強が浮きますね♪
shimaさん、감사합니다!!

でも、退職してから5日ほどで韓国に行く予定なので、それまでに離職票をもらって手続きができるんだろうか…?
ていうか、まだ会社に「やめる」って言ってないよ。
たぶん引き止められることはないと思いますが、やっぱり言うのは勇気いるな~。
来週くらいに上司に言うつもりにしてるんですけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

先立つものが…

半年間に決定!!したものの、
心配はお金のことです。

一応、現在の貯金額で半年間の学費と滞在費(と多少のお小遣い)は出るのですが、
日本で払い続けなければならないお金がある…

けおるん、去年ローンで着物を買いました。
無金利の3年ローンで、ぶっちゃけると月々15,100円、ボーナス月は71,100円、

半年で146,600円。

そして、国民の義務である国民年金が、

13,860円×6ヶ月=83,160円
(いつの間に値上がりした!?)

国民健康保険料は今調べたら、思ったより安かった。
たぶん、

約6,000円×6ヶ月=36,000円


ということで、韓国にいるのに日本で引かれるお金は、

ローン+年金+保険 = 約27万円!!


けっこうかかる…
年金と健康保険は転出届けを出して「海外に住所がある」状態にすれば、払わなくてもいいそうですが、一時帰国したときに病院に行くと思うし、年金もできれば払っておきたい。

私も、節約生活をしなければ。

まず、カードを使うのをやめます。
ドコモカードを使っていて、ポイントを貯めて機種変更のときにその分割り引いてもらえると思ってけっこう使ってました。

でも、しばらく日本にいないんだったら、ポイントもいらないや!!
…と思ってがんばります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

決めました。

昨日、ついにラストリゾートと留学サポートの契約をしました。

今週は自分で考えて決めたこととはいえ、つらい思いもしました。
でも、私の決断を理解して受け入れてくれた大切な人、
そして、それを知って元気づけてくれる人の存在のありがたさに、また涙しました。
(ちゃぎオンニ&dooオッパ、ほんとうにありがとう)

私はひとりじゃないんだな、応援してくれる人のためにも本気でがんばらなくちゃな。

そんな気持ちでいっぱいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »