« ラストリゾートからの電話 | トップページ | ラストリゾートでカウンセリング(後半) »

2006年1月31日 (火)

ラストリゾートでカウンセリング(前半)

ラストリゾート大阪支店は茶屋町のアプローズタワーにあります。
1月31日、仕事が終わってから向かいました。

カウンセラーのMさんは、電話で話して感じたとおりのいい人で、何でも正直に話したり(私の気持ちを引き出してくれる聞いてくれる感じ)、聞いたりできる人でした。

話の内容は、電話で話した内容をもっと掘り下げたもので、場所はソウルにするかプサンにするかとか、これから出発までの手続きの流れだとか、どの学校にするか、など。

ソウルかプサンかは、
「去年行って好きになったプサンでもいいかな~、物価もちょっと安いし」と思っていたのですが、プサンで選べる大学が「釜山大学」しかないことと、
「大学の中では標準語を習うけど、街に出たらみんな釜山言葉だから、なまった言葉を覚えてしまう」らしいこと、
ソウルの方がゆっくり1日時間をかけて見たい文化遺産や博物館もあるし、プサンは週末に旅行で行ったらいいのでは?
ということで、ソウルでしっかり標準語を身に着けることに。

ソウルだったらけっこうたくさんの大学から選べます。
Mさんは、「私、話してる感じでその人に合う学校がなんとなくわかるんですけど…」と言って、梨花女子大学のパンフレットを見せてくれました。
この大学は、「韓国No.1女子大」で、「お嫁さんにしたい大学No.1」というのはよく聞いていて、去年の春門前まで行ったことがありました。
この大学の「言語教育院」(外国人のための韓国語教育施設)は、「読む・聞く・話す・書く」を総合的に学べて、学校側の対応もよくて安心して通える、とのこと。

「なかなかよさそう。場所も便利なところにあるし」と思いました。

学校選びのポイントのひとつが開講日。
私の会社はボーナスが6月15日に出るので、できればその日以降、20日くらいに会社を辞めたい。そのことをMさんに話したら、
「ぜひもらえるものはしっかりもらって辞めてください」と力強くいってくれて、
6月末以降が開講日の学校を見てくれました。

まず、Mさんオススメの梨花女子大は…7月4日開講で、クラス分けテストが6月29日。
だいたいクラス分けテストの3日前に韓国に行けばいいとのことで、この場合6月26日に出発すればOK。

「スケジュール、ばっちりですね~」
「Mさんはスケジュールとか考えないで梨花をすすめてくれてたんですよね~。すごいー」
なんか梨花女子大でよさそう。

でも念のため、他にもスケジュールが合う学校を探していたら、高麗大学も梨花女子大の前日開講なので、こちらでもOKでした。

その後、寮より下宿の方が楽しいとか、梨花女子大の場合の費用を見積もってもらいました。

|

« ラストリゾートからの電話 | トップページ | ラストリゾートでカウンセリング(後半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/37546/688237

この記事へのトラックバック一覧です: ラストリゾートでカウンセリング(前半):

« ラストリゾートからの電話 | トップページ | ラストリゾートでカウンセリング(後半) »