トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

ラストリゾートでカウンセリング(後半)

ここで、梨花女子大に行った場合を想定した見積もりをご紹介。

                   3ヶ月         6ヶ月
・入学手数料       W     60,000    W     60,000
・学費            W 1,280,000         W 2,256,000
・現地銀行手数料         W     20,000         W     20,000
(学費関係計)              W 1,360,000         W 2,640,000
              →約\ 193,000      →約\ 375,000

・手配料                      \     68,000          \    105,000
・海外送金代       \       4,000          \       4,000
・滞在費(下宿代)    \    150,000          \    300,000

・海外損害保険料    \     35,000      \   65,000   
・航空運賃         \     70,000           \     70,000 

 (総合計)        \    520,000           \   91,9000

うーん、これならがんばれば半年いけるかも…

ひととおりの話が終わって、ほとんど気持ちは固まっていたので、すぐに書類にサインしてもよかったのですが、一応「両親に報告してから」ということにしました。

でも、最後にMさんが、「ほかに気になることとかはもうないですか?」と聞いたとき、私の顔が少し曇ったことをMさんは見逃しませんでした。
それまで思ってなかったことが、急に心に浮かんだから。
「何かあるみたいですけど…。よかったら話してください」

この人ならなんでも話せる、と思ったので正直に話しました。
Mさんはちゃんと受け止めて聞いてくれました。
話してよかったと思います。
「話してもらえてよかったです」と言ってもらいました。

そのとき、心残りを自分なりに解決しないと留学はできないと思ったので、次回のカウンセリングは少し時間を置いてからにしてもらうことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラストリゾートでカウンセリング(前半)

ラストリゾート大阪支店は茶屋町のアプローズタワーにあります。
1月31日、仕事が終わってから向かいました。

カウンセラーのMさんは、電話で話して感じたとおりのいい人で、何でも正直に話したり(私の気持ちを引き出してくれる聞いてくれる感じ)、聞いたりできる人でした。

話の内容は、電話で話した内容をもっと掘り下げたもので、場所はソウルにするかプサンにするかとか、これから出発までの手続きの流れだとか、どの学校にするか、など。

ソウルかプサンかは、
「去年行って好きになったプサンでもいいかな~、物価もちょっと安いし」と思っていたのですが、プサンで選べる大学が「釜山大学」しかないことと、
「大学の中では標準語を習うけど、街に出たらみんな釜山言葉だから、なまった言葉を覚えてしまう」らしいこと、
ソウルの方がゆっくり1日時間をかけて見たい文化遺産や博物館もあるし、プサンは週末に旅行で行ったらいいのでは?
ということで、ソウルでしっかり標準語を身に着けることに。

ソウルだったらけっこうたくさんの大学から選べます。
Mさんは、「私、話してる感じでその人に合う学校がなんとなくわかるんですけど…」と言って、梨花女子大学のパンフレットを見せてくれました。
この大学は、「韓国No.1女子大」で、「お嫁さんにしたい大学No.1」というのはよく聞いていて、去年の春門前まで行ったことがありました。
この大学の「言語教育院」(外国人のための韓国語教育施設)は、「読む・聞く・話す・書く」を総合的に学べて、学校側の対応もよくて安心して通える、とのこと。

「なかなかよさそう。場所も便利なところにあるし」と思いました。

学校選びのポイントのひとつが開講日。
私の会社はボーナスが6月15日に出るので、できればその日以降、20日くらいに会社を辞めたい。そのことをMさんに話したら、
「ぜひもらえるものはしっかりもらって辞めてください」と力強くいってくれて、
6月末以降が開講日の学校を見てくれました。

まず、Mさんオススメの梨花女子大は…7月4日開講で、クラス分けテストが6月29日。
だいたいクラス分けテストの3日前に韓国に行けばいいとのことで、この場合6月26日に出発すればOK。

「スケジュール、ばっちりですね~」
「Mさんはスケジュールとか考えないで梨花をすすめてくれてたんですよね~。すごいー」
なんか梨花女子大でよさそう。

でも念のため、他にもスケジュールが合う学校を探していたら、高麗大学も梨花女子大の前日開講なので、こちらでもOKでした。

その後、寮より下宿の方が楽しいとか、梨花女子大の場合の費用を見積もってもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

ラストリゾートからの電話

昨日(土曜日)、約束どおりラストリゾートから電話がありました。

まず、語学留学とワーキングホリデーどちらを希望するか聞かれて、
「語学留学」と答えました。
その後、期間も聞かれて、
「今のところ3ヶ月で、場合によっては(向こうでもっと勉強したくなったら)6ヶ月に延長することも考えてる」
「6ヶ月は少し費用的に難しいかも…」
と答えました。

ここでちょっとあせっちゃうことが!
スタート日は6月か9月と思ってたのですが、
「4ヶ月前に学校とかを決めないといけない」そうで、
もし6月からにするとすると、2月中には決めてしまわないといけない!!

うーん。
できれば6月がいいんだけど…
決めるだけ決めて、準備は4ヶ月くらい時間があるから無理ではないかな~?


後は、住むところとか、費用のこととかの話をしました。

非常に話しやすい人で、けっこう正直に話してしまいました。
次回、1月31日(火)に事務所でさらに詳しいカウンセリングをする約束をしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

ラストリゾートに資料請求

とりあえず、インターネットで「韓国 留学」で検索をかけて、ヒットしたページを見たりしていました。
そして、「資料もらうのはタダ」って感じの、ほんとに軽い気持ちで「ラストリゾート」の資料請求をネットでしたんです。
1月25日のことです。

そしたら、その日の夜にラストリゾートの人から電話がかかってきました。
感じのいい女の人でした。
どういったことを希望しているのか(語学留学orワーキングホリデー)、とか、
希望の期間、とか、
韓国語は勉強しているのか、とかを軽く聞かれました。
そして、「資料が届いて目を通した後、また電話でお話しましょう」ってことになって、
土曜日の夕方5時にまた電話をもらう、ということに…

なんてスピーディー!
軽い気持ちで資料請求したのに、これって、
「カモは逃がしまへんで~!!」ってこと!?
(↑by母)
あまりに急な展開で、ちょっとあせってしまいました。
感じのいい人だったし、しっかりした会社みたいなのでそんなに心配はいらなそうですが。

今日資料が届いたのですが、関係のあるページに付箋が貼ってあって、さらにマーカーも引いてあって、必要な情報を理解しやすくしてくれてました。
ちゃんと目を通しました。

明日、電話で何を話すんでしょうか。
正直にいろいろ思ったことを話していいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留学しちゃう!?

去年の時点ではなんとなく、「留学もアリかなー」くらいの気分だったのですが、
今年に入って、特にここ数日、

「行くなら今年かも!」

という気持ちになってきました。

留学したい理由。

①韓国語を上達させたい

②韓国で暮らして、日本とは違う体験をしたい

③親元を離れて暮らすことで、自分に自信をつけたい

探せばもっとあるかもしれません。
とりわけていえば、③なのかも。

実家から出たことがなくて、仕事もそれなりにやっているけど…
なんとなく将来に不安を抱いている27歳、けおるん。

留学が実現する日を夢見て、ブログを書きたいと思います。
アドバイスなどいただけたら、うれしく思います。
厳しい現実なども、ぜひどしどし教えてください。
よろしくおねがいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »